• TOP
  • ライフ
  • 退職金専用定期預金、開設するか否かで50万円差がつくことも

ライフ

2019.04.17 16:00  週刊ポスト

退職金専用定期預金、開設するか否かで50万円差がつくことも

 また、預入期間に制限もあり、満期を過ぎると一般の定期預金並みに金利が下がってしまうが、「退職後1年以内なら別の金融機関の退職金専用定期に預け直すことができるため、高金利の期間を1年以上に延ばすこともできる」(深野氏)という。

 Aさんのケースでは、退職金3000万円を複数の退職金専用定期に預け替えたことで、高金利の恩恵を1年に引き延ばし、48万円もの利息を得られたというわけだ。

※週刊ポスト2019年4月26日号

関連記事

トピックス