国内

「好きで好きで…」ホスト刺した歌舞伎町の女、昔から激情型

ガールズバーではよくコスプレを披露していたという(本人のInstagramより)

 黒いシャツを着た若い女性が、タバコ片手にスマホを耳に当てている。表情はいたって自然だが、彼女の両手足にはべっとりと血が付着し、傍らには血まみれの男性が裸で横たわっていた──そんな凄惨な写真がネット上で拡散されたのは、5月25日の早朝だった。

「その女性は高岡由佳容疑者(21)。新宿歌舞伎町のガールズバー店長を務め、親密だったホスト男性を包丁で刺して逮捕されました。取り調べに『好きで好きで仕方なかった。相手を殺して自分も死のうと思った』と供述しています。男性は集中治療室での入院が続いている」(捜査関係者)

 高岡容疑者が護送中の車内で笑みを浮かべた映像がニュース番組で流れると、先の写真と相俟って、ネット上には“猟奇的すぎる”との書き込みが相次いだ。

 東京の下町で育った高岡容疑者の小学生時代を知る近隣住民は「大人しい子だった」と語る。

「学校の壁に、表彰された児童の標語や絵が貼り出されていて、彼女の作品もありました。“可愛くてしかも頭がいい子なんだ”なんて思っていましたが、一方で挨拶しても返事が返ってこない子だった」

 彼女が激情を隠さなくなったのは中学生の頃からだった。当時の同級生が言う。

関連キーワード

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン