• TOP
  • ライフ
  • つらい更年期障害、入浴法と食事術でこんなにも改善

ライフ

2019.06.05 16:00  女性セブン

つらい更年期障害、入浴法と食事術でこんなにも改善

ツライ更年期障害は入浴法と食事術で改善できる(写真/アフロ)

『ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり・発汗)』『肩や首のコリ』『腰・手足のしびれ』『イライラするなどの精神障害』など更年期障害につらい症状に悩まされている人は多い。更年期障害のそれぞれの症状に応じた個別のアプローチは有効だ。なかでも日常生活ですぐ実践できるものを紹介しよう。

 おっとりした人でも、更年期には興奮してイライラしやすくなったり、不安でたまらなくなったりする。

 東邦大学医療センター大橋病院婦人科の高橋怜奈医師は、メンタルの不調に対し「更年期は必ず終わる」という心の余裕が必要だと指摘する。

「ホルモンバランスは薬でコントロールできますが、精神面の不調に対しては、心の持ちようが大きく影響します。とりわけ大事なのは、“あまり気にしない”こと。イライラしたり不安になっても“更年期は必ず終わるもの”だと心に刻んで、なるべくストレスを感じない生活を心がければ、メンタルの不調は落ち着いていくはずです」

 更年期は一生続かない。「出口」を信じてリラックスすることを心がけたい。

 更年期障害で最も多いといわれるホットフラッシュ(のぼせ・ほてり・発汗)には「運動」が効果的だ。

「ホットフラッシュは血流のバランスが悪くなって、血が頭部に上ることで生じるため、運動をして血流をよくすれば緩和できます。ただし過度の負荷や“やらなくちゃ”というプレッシャーが心身の負担を増して、症状が悪化する恐れがあります。決して無理はせず、ピラティスやヨガなどの軽い運動を行えば充分です」(高橋さん)

 首や肩のコリは「入浴」によって改善する。成城松村クリニックの松村圭子院長はこう語る。

「38~39℃のお湯に10分ほど浸ると、血の流れがよくなります。半身浴か全身浴かは、リラックスできる方で構いません。シャワーだけで済ませるのではなく、湯船につかる習慣を身につけてください」

 入浴が苦手なら、肩の力を抜いて2~3回ゆっくりと首を回すだけでも効果がある。手足や腰の冷えには「食材」で対応する。よしかた産婦人科副院長の善方裕美医師はこう解説する。

「体を温める食材を積極的に摂ることをおすすめします。にんじん、大根、ごぼうなどの根菜類は体を冷やしてしまう水分が少なく、血行を促進させるビタミンを多く含んでいます。体が温まって代謝が上がり、冷えをやっつけられます」

 ほかにも食べておきたい食材は多い。

関連記事

トピックス