芸能

ゆりやんレトリィバァ 英語力の差で渡辺直美と立場逆転も?

全米デビューを飾ったゆりやんレトリィバァ

 芸名の由来を審査員から聞かれ、「私のペットは猫、その猫の名前がレトリバーなの」。流暢な英語でそう審査員に説明したかと思うと、星条旗をあしらった大胆なビキニでパフォーマンス。人気No.1ピン芸人のゆりやんレトリィバァ(28才)は華々しく全米デビューを飾った。

 舞台は『アメリカズ・ゴット・タレント』。アメリカで大人気のオーディション番組で、毎回さまざまな才能を持ったアーティストが登場し、名物審査員との当意即妙なやりとりと圧巻のパフォーマンスを見せるのがお約束だ。

 ゆりやんはオーディションを通過することはできなかったが、見ている人に強烈な印象を残した。特に注目されたのが、パーフェクトな英語だ。

「ゆりやんは、審査員との質疑応答こそがキモと考えて、7時間も前に会場入りし、通訳や現地メディア関係者を巻き込んで、“模擬会見”を開きました。よい予行演習になったのか、本番では自己紹介の時点で観客の心をつかむことに成功。会場全体がゆりやんの味方になっていました」(テレビ局関係者)

 過去に、海外進出を成功させた日本のお笑い芸人といえば、PPAPの動画が1億回以上再生されたピコ太郎(45才)がいるが、渡辺直美(31才)のインパクトの方が大きいかもしれない。ビヨンセのモノマネでブレークした渡辺は、ニューヨークやラスベガスでもパフォーマンスを披露して人気を博した。

「今回のゆりやんも反響がありましたが、渡辺がここ数年で築き上げたプラスサイズのカリスマの地位は不動。知名度はずっと渡辺の方が上でしょう」(現地の芸能関係者)

 渡辺はアメリカでGAPのモデルに抜擢され、イギリスの『VOGUE』では“日本女性への固定観念を破壊する存在”と絶賛されるなど、すでに地位を築いている。

 とはいえ、今回のゆりやんの英語でのやりとりは称賛されるべきと、多くの人が話す。

「ゆりやんは関西大学出身の才女。2015年に『ナイナイの海外定住実験バラエティー』(TBS系)に出演した際も、ニューヨークに定住し、なんの不自由もなく、英語を話していました」(芸人仲間)

 洋画好きの両親の元に生まれ、大学では映画研究会や、留学生の多いダンスサークルに所属していたというゆりやん。その頃から英語の勉強を始め、彼女の“英語耳”はかなり鍛えられているという。

「一方の渡辺は、4月から日本とアメリカを行き来する生活を送っていますが、英語力はまだまだ。アメリカでは日本のように仕事がどんどん入るわけではなく、不満をこぼすことも多いと聞きます。ゆりやんが本格的に海外での活動を視野に入れるようになれば、その英語力を生かして渡辺との立場が逆転することも考えられます」(前出・現地の芸能関係者)

“調子乗らないで”頑張れゆりやん!

※女性セブン2019年7月4日号

関連記事

トピックス

オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
大野が進める計画とは(写真はジャニーズ事務所)
ドラマ単独初主演キンプリ高橋海人「キュンとするシーンも楽しめるようになってきました」
女性セブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト