ナイナイ一覧

【ナイナイ】に関するニュースを集めたページです。

矢部浩之の出演が多い
ナイナイ矢部浩之 単独レギュラー消滅も「大型特番の顔」で安泰の理由
 フジテレビの人気バラエティ番組『アウト×デラックス』(フジテレビ系)が3月末で終了することが発表された。マツコ・デラックスとともにMCを務めるナインティナインの矢部浩之は、『やべっちFC』(テレビ朝日系)が2020年9月に終了した(DAZNで後継番組『やべっちスタジアム』が配信中)に続くレギュラー番組の打ち切りで、ついに地上波での単独レギュラーはゼロになる。 相方の岡村隆史が『チコちゃんに叱られる!』(NHK)、『アイ・アム・冒険少年』(TBS系)といった人気番組を抱えているのに比べると寂しい状況だが、「本人に焦る気持ちはないようだ」とベテラン芸能ライターは言う。「矢部は空いた時間は2人の子の子育てにあてたいと考えているそうです。そうした余裕が持てるのも、ナイナイのコンビとしての仕事が安定しているからでしょう。地上波の冠レギュラーこそ『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)だけですが、ナイナイの真骨頂は大型特番のMCです。 特にこの年末年始はすさまじい露出でした。12月30日の『ぐるナイ』スペシャルに始まり、12月31日深夜は『おもしろ荘』(日本テレビ系)、1月1日は『新春!爆笑ヒットパレード』(フジテレビ系)というのが例年の流れですが、今年はさらに日テレの年越し特番『笑って年越したい!笑う大晦日』のメインMCも任された。『笑う大晦日』は視聴率こそ芳しくなかったですが、『笑う大晦日』と『爆笑ヒットパレード』で16時間半も出ずっぱりだったナイナイのテレビ界での評価は上がっています」『爆笑ヒットパレード』に出演した爆笑問題・太田光がラジオで「一番大変なのはナインティナインだよな。ずーっとMCやってんだもん」と指摘したのも頷けるハードワークぶり。それにしても、芸人が飽和状態と言われるほど溢れる中、なぜこんなにナイナイに仕事が集中するのだろうか。「ナイナイのお笑い界での立ち位置については、上にはダウンタウン、ウンナンらがいてトップの座を譲らず、下には千鳥、かまいたちといった勢いのあるコンビがひしめき合っているため、ベテランと若手の間で難しいポジションだと指摘されることがあります。しかし、むしろそれこそがナイナイの最大の強みです。幅広い世代の芸人が集まる大型特番で、上の世代とも下の世代とも分け隔てなく絡めるのはナイナイならでは。しかも彼らは華がありながら決して前へ出すぎることがないため、他の芸人たちもやりやすく、テレビ局側も安心して任すことができるのでしょう。 特に今年は、ダウンタウンは大晦日の『笑ってはいけない』がなくなり、内村光良も『紅白歌合戦』の司会を勇退し、上の世代が一歩引いた形となったため、よりナイナイが際立ちました。千鳥やかまいたちは確かに勢いがありますが、幅広い年齢層がくつろいだ雰囲気で視聴する年末年始のMCとしては少し弱いとテレビ局は判断しているようです。テレビの視聴習慣が家庭よりも個人にシフトした今、“お茶の間の人気者”と呼べるのはナイナイが最後なのかもしれません。最後の国民的人気番組といえる『笑っていいとも』の最終回で、錚々たるトップ芸人が集結した場でもっとも若かったのがナイナイだったことも、そうした印象を強めています」(同前)  ナイナイ矢部の余裕は、そうした長年の蓄積がもたらしたものなのだろう。
2022.01.12 11:00
NEWSポストセブン
「ヒデさん」か「ヒデちゃん」か(中山秀征)
徹底検証 中山秀征を「ヒデちゃん」と呼ぶ年下はいるのか?
 6月10日深夜、ニッポン放送『ナインティナインのオールナイトニッポン』に中山秀征がゲストとして出演する。ナイナイはかつて『殿様のフェロモン』(フジテレビ系)で共演していた年上の中山について、「ヒデちゃんと呼んでいいのか。それとも、中山さん、もしくはヒデさんと言うべきなのか」とラジオで話しており、今回の本人登場に至った。 実際、中山は年下になんと呼ばれているのか。かつて雑誌連載していた対談77回分を全て調べてみた。2013年から2017年にかけて『女性自身』の連載「中山秀征の語り合いたい人」に登場した78人のうち40人は、対談中に中山の名前を出している(※)。その呼び方を分析すると以下のようになる。18人:ヒデさん(秀さん)12人:ヒデちゃん(秀ちゃん)8人:中山さん1人:あなた1人:あなたさま1人:秀征(シュウセイ)さん【※第65回のアンガールズは唯一コンビとして登場したため、2人として計算。中山秀征の妻と懇意にしている君島十和子(第8回)は中山の妻について「中山様」「中山さん」と呼んでいるため、ノーカウント。第36回の加賀美幸子は「秀征(シュウセイ)さん」「あなたさま」と2通りの呼び方をしているため、延べ人数に直すと41になる。呼び名は対談内の発言から判断し、見出しの文字は含めない】 次に、40人中22人(延べ23人)の年上がどう呼んでいるかを見てみよう。11人:ヒデちゃん(秀ちゃん)5人:中山さん4人:ヒデさん(秀さん)1人:あなた1人:あなたさま1人:秀征(シュウセイ)さん 1位は「ヒデちゃん」で徳光和夫、加賀まりこ、志村けん、神田正輝、近藤真彦など11人が呼んでいる。順当な結果だろう。ただ、「ヒデちゃん」以外も11人と同じなのだ(「あなたさま」「秀征(シュウセイ)さん」はともに加賀美のため、ここでは1人としてカウント)。「中山さん」は歌手の森山良子、作家の林真理子、女優の大地真央、漫画家の浦沢直樹、東大教授の安冨歩という5人だった。つまり、タレントの中山秀征とは違う世界にいたり、普段交流がなかったりすると、控えめに「中山さん」という少し距離を置いた呼び方になるのかもしれない。では、年下18人はなんと呼んだのか。14人:ヒデさん3人:中山さん1人:ヒデちゃん 唯一、飯島直子が「ヒデちゃん」と言っている。ただ、2人は同じ「1967年度」の生まれ。飯島が早生まれのため、年下ではあるが、同学年になる。バラエティ番組『DAISUKI!』(日本テレビ系)で7年半にわたって共演していたことも影響しているだろう。 つまり、実質的な年下で「ヒデちゃん」と呼んでいる対談相手は見つからなかった。前年に対談のゲストに母親の森山良子が登場していた森山直太朗はこんな発言をしている。〈うちは家族でヒデさんの大ファンで、何かといったら『ヒデさん、ヒデさん』。いや、ごめんなさい、『ヒデちゃん、ヒデちゃん』って言っていて〉 家族の会話を再現する際でも、本人の目の前で『ヒデちゃん』と言うには勇気が必要だったようだ(※この『ヒデちゃん』は、会話再現のためカウントしていない)。逆に中山は年下、年上をどう呼んでいたのか? 逆に、中山秀征が年下18人をどう呼んだのかを調べてみた。7人:~さん6人:呼び捨て2人:~くん2人:~ちゃん1人:愛称 対談時点であまり面識のない紀里谷和明や宮澤エマ、ムロツヨシ、猪子寿之などには「さん付け」をしている。一方、はるな愛には「賢示」(本名:大西賢示)、加藤浩次には「浩次」と呼んでいる。中山は、2人が売れる前にバーで働いていた頃に知り合っており、親しい仲だった。また、田村淳には「淳」、大久保佳代子には「大久保」、千原ジュニアには「ジュニア」と呼んでいる。土田晃之には「ツッチー」と唯一、愛称で呼んでいる。かつてABブラザーズとしてお笑いに取り組み、現在に至るまでバラエティなどで彼らと絡む機会のあったためだと推察できる。「ちゃん付け」は飯島直子に「直ちゃん」、山本圭壱に「山本ちゃん」の2人。飯島は前述のような関係性があり、山本は加藤の働いていたバーの常連客で馴染みがあった。 最後に、中山は年上22人をどう呼んでいたかを列挙しておこう。14人:~さん2人:先生2人:~ちゃん1人:監督1人:師匠1人:~くん1人:呼び捨て 当然のように「さん付け」が最多に。「先生」は漫画家の浦沢直樹、東大教授の安冨歩、「監督」は映画監督の園子温、「師匠」は師と仰ぐ志村けんとなっている。 気になる呼び方は3つあった。「くん付け」は、「東くん」と東山紀之に行なっている。1歳違いで、デビューの時期が同じであり、ジャニーズの中には「東くん」と呼ぶ後輩も過去にいたことも関係しているのだろうか(ただし、中山はTOKIO国分太一のことは「国分さん」と呼んでいた)。「ちゃん付け」は石塚英彦の「石ちゃん」、今田耕司の「今ちゃん」の2人になる。石塚とは5歳離れているが、1984年に渡辺プロダクションが立ち上げた若手タレント養成機関『ビッグサースデー』の同じ1期生という仲だからだろう。今田耕司とはかつて『殿様のフェロモン』で共演。1歳上の今田が対談で〈『殿様』での僕たちの仲の悪さは有名で、周りからも「あの2人は共演NG」っていわれてて。僕たちの“確執”は語り草になってた〉(2013年12月24・31日合併号)と語っており、当時は険悪なムードも漂っていたようだ。その距離を縮めるために「ちゃん付け」をしたのかもしれない。 中山が「呼び捨て」にしていたのは、2歳年上のX JAPANのToshlである。もともと中山とToshlの兄が知り合いだったこともあり、2人は1985年頃に出会ったという。〈僕はまだインディーズで活動していたころでした。兄の四谷のアパートでデモテープを聴いてもらいましたよね〉(2015年1月27日号)と2歳上のToshlが語っている。当時、お互いが20歳前後だったことも関係していそうだ。 調べてみると、中山が関係性のある年上を「ちゃん付け」しているケースはあったが、年下が中山を「ヒデちゃん」と言っている形跡は発見できなかった。 はたして、ナイナイは中山秀征のことを「ヒデちゃん」と呼べるのか。それとも、「ヒデさん」「中山さん」に落ち着くのか。はたまた、「秀征(シュウセイ)さん」「あなたさま」になるのか。論争の行方は如何に。(文中敬称略)■文/岡野誠:ライター、松木安太郎研究家。NEWSポストセブン掲載の〈検証 松木安太郎氏「いいボールだ!」は本当にいいボールか?〉(2019年2月)が第26回『編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞』デジタル賞を受賞。著書『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記』(青弓社)では田原とナインティナインの『笑っていいとも!』金曜レギュラー時代についても詳細に綴っている。 
2021.06.10 21:00
NEWSポストセブン
千鳥は第何世代?(時事通信フォト)
お笑い第7世代が席巻 第1世代からの歴史とそれぞれの特徴
 最近、「お笑い第7世代」と呼ばれる20代の若手芸人を中心としたブームが起きている。芸能界は「年齢=芸歴」ではないため明確に“世代”の境界線を引くことは難しいが、お笑い評論家のラリー遠田氏が戦後ニッポンのお笑い芸人を大きく7つの世代にわけて、その特徴を分析した。 * * * 第1世代にあたるのは、1970年代に一世を風靡したコント55号の萩本欽一や志村けんを擁したザ・ドリフターズといった芸人である。彼らは、テレビが娯楽の中心だった時代に数々のコント番組を持ち、国民的なスターとなった。 第2世代の代表格はタモリ、ビートたけし、明石家さんまの「お笑いBIG3」だ。たけし、さんまの出演する『オレたちひょうきん族』では、芸人同士がお互いの秘密を暴露し合うような“内輪ノリ”の新しい形のコントが若い世代の視聴者に支持された。これによってザ・ドリフターズが出演していた裏番組の『8時だョ!全員集合』は終了に追い込まれた。 第3世代と呼ばれるのはとんねるず、ウッチャンナンチャン、ダウンタウンといった面々。彼らは上の世代の芸人に対抗心を燃やし、新しい価値観の笑いを生み出していった。彼らはフジテレビのゴールデンタイムに自分たちの名前を冠したコント番組を持ち、そこで独自の笑いを追求していった。 第4世代の筆頭はナインティナインやロンドンブーツ1号2号である。この世代の芸人の精神的支柱となった番組が『めちゃ×2イケてるッ!』である。ナイナイを中心にして、極楽とんぼ、よゐこなどが脇を固め、ドキュメンタリー風の演出を取り入れた新しいお笑い番組の形を確立した。 また、『ボキャブラ天国』をきっかけに若手芸人ブームが起こり、ここに出ていた芸人たちが一時的にアイドル的な人気を博した。しかし、その後もテレビで生き残れたのは爆笑問題、くりぃむしちゅー、ネプチューンなど極々少数の芸人だけだった。 第4世代の時代には、個々の芸人よりもテレビの作り手の方が力が強くなっていた。「誰がやるか」よりも「何をやるか」の方が重視されるようになったということだ。芸人の名前を冠したコント番組は消滅し、芸人がテレビに首根っこをつかまれる時代になった。第6世代で芸人が“急増” 第5世代の芸人はネタ番組から出てきた人が多い。この時代の代表的なネタ番組が『爆笑オンエアバトル』と『M-1グランプリ』である。オンバトからはアンジャッシュ、タカアンドトシなど、M-1からは中川家、フットボールアワー、ブラックマヨネーズなど多数の芸人が輩出された。 第6世代の芸人の特徴は、とにかく芸人の数が圧倒的に多いということだ。それまでいくつかあったお笑いブームの影響で、芸人志望者が年々増えていた。それらを取り込むためのネタ番組も多数生まれた。特に『エンタの神様』は社会現象になるほどのブームを生み出した。『M-1』『R-1ぐらんぷり』『キングオブコント』といったお笑いコンテスト番組も増えて、ネタが面白い芸人がチャンスをつかむという風潮が一般的になった。 第7世代とは、主に「平成生まれ」の芸人を指す。彼らをめぐる状況が一気に変わったのが2018年だった。この年、『キングオブコント』でハナコが優勝し、『M-1』で霜降り明星が優勝した。いずれも20代中心の若い芸人ばかりだった。 その後、霜降り明星のせいやがラジオ番組の中でふと口にした「第7世代」という言葉が独り歩きして、彼らと同世代の芸人が何かと注目されるようになった。 彼らの特徴は、お笑い界の上下関係にあまり縛られていないことと、テレビに対するこだわりが薄いことだ。物心ついた頃からネットやスマホに慣れ親しんでいる彼らは、ユーチューブなどのメディアに対する偏見も少なく、テレビを絶対視していない。彼らがこれからのお笑い界を支えていくことになるだろう。※週刊ポスト2020年7月3日号
2020.06.23 16:00
週刊ポスト
矢部から「公開説教」された番組後、車に乗り込む岡村
矢部浩之の説教力 ”じゃないほう芸人”の劣等感は響いたか
 ナインティナイン・岡村隆史(49才)をラジオで公開説教した相方・矢部浩之(48才)のぶっちゃけ発言が、世間だけでなくお笑い関係者たちをもざわつかせている。その理由は、岡村の日常での勘違いぶりなどにまで容赦なく糾弾したことだけでなく、矢部が自らコンビの実力にまで言及したからである。 まず、騒動を振り返ろう。4月23日放送のニッポン放送「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」で、「コロナが明けたら美人さんが風俗嬢やります」と発言して、大炎上した。3月には、今年のNHK紅白歌合戦の司会候補にまで名前が挙がり、パブリックイメージは最高潮だった岡村は一転、奈落の底へ落ちた。 大ピンチの中、1週間後の4月30日の放送には、途中から矢部が登場。驚き、詫びる岡村に、1時間20分の「公開説教」をした。矢部は「ええ機会やから」と、件の失言だけではなく、岡村の周囲への態度や考え方などについて追及。例えば、・2010年の体調不良による長期休養(通称・パッカーン事件)明けに、矢部にはメール1行「全て笑いに」と送るだけで、謝罪の一言も無かったこと・コーヒーを持ってくるADへ「ありがとう」も言わないこと・目上の人に誘われても、楽屋に戻ってからマネジャーに断らせる逃げ癖・妊婦のマタニティマークを不要と主張したり、妻に謝罪や感謝の言葉を述べる矢部に「白旗上げたか」と発言するなどの、日常的な女性への気遣いの無さ・ヘアメイクやスタイリストらに「ケチ」と陰口されている事実 など、長年相方として見てきた岡村の言動について、具体的に批判したのだ。芸歴と人気を得て、いつの間にか偉くなり、誰も注意してくれなくなったぬるま湯の環境にあぐらをかいていた結果だと指摘した。 さらに、岡村が長らく女性にコンプレックスを持ち続ける「かわいそうさん」と厳しい分析をして、「だからほかのタレントさんが言ったら炎上することも、あんたが言っても(これまでは)炎上しなかった」と語った。 ただし、矢部は、岡村を叱るだけではなかった。「俺は自分のことおもろいと思ったことない。最初から今まで、岡村隆史のビジュアル個性はなかなか突き抜けてんのよ、それやからコンビが成功したのは」と、自らの“お笑い能力”の低さと、ナイナイが売れた理由までぶっちゃけた。あるベテランのお笑いテレビ番組関係者は、そこに驚いたという。「矢部さんは岡村さんだけに恥をかかせなかった。自分の“じゃないほう芸人”としてのコンプレックスまで、初めて明言したんです。しかも、自分たちが売れたのは、漫才やコントのネタ力ではなく、何をやってもコミカルに映る岡村さんの見た目のおかげとまで言い切った」お笑い界の頂点の一角に立つコンビなのに、自ら価値を落としかねないような本音を吐露したのだ。「そこに覚悟を感じました。倒れるときは1人にさせない。死なばもろともという、矢部さんのコンビ愛、相方愛が言わせたんだと思います」(前出・番組関係者) 別のあるバラエティー番組ディレクターは、こうも話した。「ここ1年は、ベテランコンビの“看板芸人”のほうが、失態を続けています。雨上がり決死隊・宮迫博之さん(50才)、チュートリアル・徳井義実さん(45才)、TKO・木下隆行さん(48才)、そして岡村さん。どちらかといえば、コンビで“目立つほう”が世間を悪い意味で騒がせてしまっているように見えます」 矢部は、放送の中で「徳井なんかにせよ、一瞬そういうの入ったと思うねん。誰にも注意されへんしって、そしてドンや」と言及した。“裸の王様”になったからの失態だと、指摘した。前出のバラエティー番組ディレクターが続ける。「看板芸人は、売れていることが“自分の力だ”と実感し、調子に乗ってしまう。今回の矢部さんは、“じゃない方芸人”の代表として、蛍原(徹)さんたちも言いたかったことを代弁したと言えるんじゃないでしょうか」 世論以上に身内が厳しく接するのが、危機管理の鉄則といわれる。実際に、世間のムードも、矢部の説教で終息に傾いてきたように見える。「物事が冷静に見えていてコンビ愛のあった矢部さんのファインプレー。ただ、あれだけ容赦なく言えたのは、それだけ岡村さんに溜めていた思いがあったからでもある。ここからが、ナイナイさんの正念場です」(前出の番組ディレクター) 岡村が、矢部の忠言をどう受け止めるのか。「岡村さんの改心が見えてくれば、風向きは必ず変わります。ここからは岡村さん自身の問題です」(同前) 4月30日の放送終了後。わずか3分で出口に出てきた矢部はタクシーに乗り、岡村より先に走り去った。岡村はいつもの自家用車ではなく、スタッフに連れられて大型車で帰宅した。今度こそ岡村は、カメラの回らないところでも矢部に個人的な謝罪ができたのか。 どん底からの再スタートの第一歩は、5月7日のラジオで明らかになる。
2020.05.07 07:00
NEWSポストセブン
ビニール袋を持つ買い物時のオフスタイル
矢部浩之の高級車生活 “じゃないほう芸人”のモデルケースに
 3月上旬の都内の高級スーパーに、カーキー色のハーフコートとキャップ、マスクをつけて買い物に訪れたのは、お笑いコンビのナインティナインの矢部浩之(48才)である。手早く買い物を済ませると、新車価格で約1800万円はする超高級SUVに子供を乗せて、颯爽と走り去っていった。まさに順風満帆。数多いお笑い芸人の中でも、指折りの幸せをつかんでいる。 今年で結成30周年のナインティナインは、振り返ると相方の岡村隆史(49才)の強烈な個性とコミカルさで一世を風靡したコンビと言われていた。お笑いテレビ番組関係者は「アメトーーク!風にいえば、矢部さんは典型的な“じゃないほう芸人”。お笑いコンビの地味な方のメンバーだったんですが、今や完全に番組でメインを貼れる大物芸人の一人です」と評する。 矢部は、特技のサッカーや、関西弁でいう「いちびり」の岡村の手綱役として培った相手を引き立てるスタイルで、番組MCの仕事をコツコツと続けてきた。2013年に元TBSの美人アナウンサー青木裕子(37才)と結婚。2人の子供にも恵まれて、彼らを有名私立小学校に入学させるなど、公私ともに幸せをつかんでいる。前出のお笑い番組関係者が言う。「矢部さんはツッコミでも厳しい言葉を使わず、いわば“柔らかいツッコミ”の第一人者です。MCを務める『アウト×デラックス』(フジテレビ系)には、強烈な個性の人たちが登場しますが、矢部さんが上手く彼らの話を受け止め回している。共演するマツコ・デラックスさんも矢部さんをとても評価しています。 岡村さんは『チコちゃんに叱られる!』(NHK総合)のようにキャラがハマればとても面白いのですが、強烈な個性が番組に合うかどうかはやってみないとわからないところもある。矢部さんは攻撃的にならずに鋭くツッコみながら話を回していくというセンスがあるのでテレビ業界では“計算できる”存在なのです」 ナイナイと同世代で、かつての人気ユニット『吉本印天然素材』の同志たちも今や大物と呼ばれる芸人たちばかり。雨上がり決死隊(宮迫博之と蛍原徹)にFUJIWARA(藤本敏史と原西孝幸)、チュッパチャップス(宮川大輔とほっしゃん。解散)など。その面々と比べても矢部の「成功感」は群を抜いている。「やっぱり、どのお笑いコンビも目立たない側は、内心は悔しい思いがあるものなんです。ただ、長年活動を続けていくと、“じゃないほう芸人”は自然と勝ち組になっていることが多い」(前出・お笑い番組関係者) タレントである限り、瞬発力や強い個性は、ブームを作り爆発的人気を得る上で必要だが、そのテンションを維持していくのは難しい。矢部の成功は、“じゃないほう芸人”たちの憧れのモデルケースといえるのかもしれない。
2020.04.09 16:00
NEWSポストセブン
青木裕子アナ 夫・矢部浩之が来ない孤独なお受験奮闘事情
青木裕子アナ 夫・矢部浩之が来ない孤独なお受験奮闘事情
 11月上旬は、首都圏の有名私立小学校の入学試験が集中するお受験の正念場。毎年芸能人の子息も多く参戦する小学校受験だが、今年、保護者の間で話題になっていたのが、元TBSでフリーアナウンサーの青木裕子(36)だった。「長男が今年お受験だそうで、名だたる名門校の入学説明会でたびたび目撃されていました」(お受験に臨む保護者) それだけなら熱心な芸能人ママの一人だが、話題になった理由は他にある。「夫のナインティナイン矢部浩之さん(48)の姿がなく、どこの説明会でも青木さん一人だったからです。お受験は、『夫婦円満で両親が一丸となって頑張っています』という空気を学校側に見せることが大切。説明会も極力夫婦で参加してアピールするものです。 過去にも石田純一さん(65)と東尾理子さん(44)夫妻は常に一緒に説明会に参加していましたし、菅野美穂さん(42)と堺雅人さん(46)夫妻なんて、お受験までまだ2年もあるのに、今年から2人で何校もの説明会に参加していたそうです。ご主人が“忙しい”という理由で来ないのは、“育児や教育に父親が積極的ではない”と見られてしまう可能性があるので、避ける人が多い」(同前) 人気のナイナイといえど、矢部のレギュラーは現在コンビで1本、個人で2本のみ。多方面で活躍する相方の岡村隆史(49)と比べると、多忙そうには見えないが……。矢部の所属する吉本興業に聞いたが、締切までに回答はなかった。 大学受験に全部落ちて芸人になった矢部だけに、息子のお受験戦争には乗り気じゃない?※週刊ポスト2019年11月29日号
2019.11.20 07:00
週刊ポスト
共演に業界騒然
中居正広、吉本興業のお家騒動で動く 松本と岡村の橋渡しに
「岡村もしゃべりたいと言ってくれている」。7月28日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、ダウンタウンの松本人志(55才)はナインティナインの岡村隆史(49才)から“会談”を持ちかけられたことを明かした。 吉本興業をめぐる騒動が収束の兆しを見せないなか、最大のキーマンである松本の発言は関係者に衝撃を与えた。「テレビで松本さんが岡村さんの名前を出したことには、正直、耳を疑いました。あの2人は直接やりとりをする仲ではない。そこで注目されたのは仲介者の存在。どうやら、中居正広さん(46才)が間に入ったというんです」(芸能関係者) 芸能史に残る大騒動のさなかで、動いたのはトップアイドルだった──。「中居さんが岡村さんに連絡を入れたそうです。中居さんは『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)が始まった当初に共演して、意気投合して以来もう20年の仲。ナイナイと中居さんの特番は有名ですが、プライベートでも飲みに行く関係です。 一方の松本さんと中居さんは2000年に、ドラマ『伝説の教師』(日本テレビ系)で共演。松本さんが芸能界でいちばんの友達と名前を挙げる親しい仲です」(前出・芸能関係者) SMAP解散騒動の際にも、中居は松本、岡村に相談していたという。「中居さんはSMAP解散時の後悔がある。“俺のようになってほしくない”という思いから吉本の騒動に関心が高く、松本さんに自分なりの考えを話したそうです。そんな時に旧知の岡村さんからも相談があったので、松本さんと話すようにすすめたそうです。 岡村さんは当初、松本さんの電話番号も知らなかったそうです。もしはじめから電話をかけて相談しようと思ったら、周囲の芸人仲間に番号を聞いて話せばいい。でもそうはしていなかったし、吉本芸人の中に、フェアに2人をつなげる人はなかなかいない。つまり、2人でしっかり話した方がいいと中居さんが説得したのではないでしょうか」(前出・芸能関係者) 冒頭の『ワイドナショー』で岡村からの申し出を明かした松本に対し、MCの東野はこうコメントした。「垣根みたいのがなくなっていく、いい傾向だな」 会社の膿を明確にしないなら、ぼくが「全員」芸人連れて(吉本を)出ます──そう語った松本。垣根がなくなった先に何があるのかはわからないが世代や派閥を超えた問題解決の糸口は見えてきたようだ。※女性セブン2019年8月15日号
2019.08.03 07:00
女性セブン
これまで松本との間には大きな溝が…
ナイナイ岡村隆史 松本人志との会談を求めたことの衝撃
 雨上がり決死隊の宮迫博之(49才)、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47才)らが、所属する吉本興業を通さず仕事をしてギャラを受け取る「闇営業」を行ったことから始まった吉本問題。 7月20日に宮迫と亮が会見し、吉本の岡本昭彦社長(52才)から「俺にはお前ら全員をクビにする力がある」などのパワハラ発言を受けたことを暴露すると、世間の関心は闇営業から「吉本興業という会社」そのものに移った。 まず吉本問題の核心をえぐり出したのは『スッキリ』(日本テレビ系)でMCを務める極楽とんぼの加藤浩次(50才)だった。 共にダウンタウン・松本人志(55才)のマネジャーも務め、松本派といわれる大崎洋会長(66才)と岡本社長のワンマン体制を否定し、こう発言した。「大崎さん、岡本さん、この2人をみんなが怖がっている」「松本さんにとっては(大崎さんと岡本さんは)ずっと一緒にやってきた同志だと思う。(中略)でも今の岡本社長、そして大崎会長の体制が続くんだったら、ぼくは吉本興業を辞める」 一連の経営陣批判は「加藤の乱」と呼ばれ、一気に緊張が高まった。「表面的には経営陣vs加藤浩次に見えましたが、その背景には根深い問題がある。つまり吉本の主流派vs非主流派。もっといえば、松本軍団vsナインティナイン・岡村隆史さん(49才)率いるめちゃイケ軍団という対立構図があるともいえます」(芸能関係者) 加藤の味方は多い。「銀座7丁目劇場」で下積み時代を過ごした芸人たち、そして大阪出身ではない後輩芸人たちだ。「加藤派というのがあるとしたら、ロンブーの2人をはじめ、同じく北海道出身のタカアンドトシや平成ノブシコブシの吉村崇(39才)、『スッキリ』で共演するハリセンボン近藤春菜(36才)などがいます。 でもいちばんの味方は岡村さんでしょう。デビュー当初こそライバルで意識し合っていたこともあるけど、『めちゃイケ』での共演を経て、お互いそんなことを口に出すタイプではないですが、今では親友の域に達していると思いますよ」(テレビ局関係者) 騒動渦中の7月20日、加藤はキングコングの梶原雄太(38才)が運営するYouTubeチャンネル『カジサックの部屋』にゲスト出演し、岡村との関係を明かしていた。 1996年に『めちゃイケ』が始まった当初、番組はあくまでナイナイ中心で、極楽とんぼの出番はごく一部だったという。「なんで岡村ばっかり」というジレンマを抱える毎日だったが岡村の仕事に対する態度を見て評価が変わったという。「若い頃の加藤さんは芸人風に徹夜で遊んで二日酔いのまま現場に向かっていたそうです。すると、どんな場面でも必ず一生懸命な岡村さんがいる。誰よりも必死にボケて、毎回いちばん必死な岡村さんを見て、加藤さんも現場に対する考えが変わったと語っていました。この時期にこのタイミングで岡村さんのことを“とんでもなくカッコイイ”と公言したのですから、加藤さんと岡村さんがしっかりつながっているという意思表示に感じられました」(前出・芸能関係者)◆会見後すぐにさんまに相談 加藤の発言を受けたのか、7月25日に放送されたラジオ『岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、岡村は番組開始から30分にわたって一連の騒動に言及した。そこでは、会見の前日に宮迫から連絡があって「(相方の)蛍原(徹・51才)を頼む」と告げられたことや、会見後に明石家さんま(64才)に電話で相談したことが明かされた。 岡村の動きを吉本関係者は複雑な思いで見ていたという。「長らく松本派と見られていた宮迫さんですが、会見前にいちばん大切な相方を頼むと電話した相手は岡村さんなんだと…。その岡村さんがいの一番に相談したのはさんまさん。岡村さんは真面目で寡黙な性格で知られ、一時はメンタルを患って芸能活動を休んだほどですが、今回の件では自ら周囲に連絡をとるなど積極的に動いていた。それでもやっぱり松本さんには連絡をとれなかったんでしょう。本当に吉本大分裂の危機だと感じました」(吉本関係者) これまで岡村と松本の間には深く大きな溝があった。「ナイナイがデビューしたのは、ダウンタウンの全盛期。当時はダウンタウンに認められることが、スターへの近道でした。実際、今田耕司さん(53才)や東野幸治さん(51才)、ココリコらはダウンタウンとの共演をきっかけにして人気者になりました。彼らは松本さんには頭が上がらないはずです」(前出・吉本関係者) 松本の影響力に加え、吉本経営陣の大崎・岡本のラインは過去に数々の軋轢を生んだ。「吉本における松本さんの存在感は別格です。吉本幹部が松本さんに忖度することは珍しくない。以前、タカアンドトシが日本武道館で単独ライブをしようとしたら、『武道館でライブをやったのは松本さんだけだから』との理由で上層部がストップをかけた話は有名です」(前出・吉本関係者) その松本に“睨まれた”のが、岡村だった。「東京に出てブレークしたナイナイに松本さんは厳しかった。1994年に発売された松本さんの著書『遺書』の中でも『ナインティナインはダウンタウンのチンカス』と酷評されています。岡村さんは、それから松本さんを怖がり、避けるようになりました」(前出・吉本関係者)「岡村もしゃべりたいと言ってくれている」。7月28日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、松本は岡村から“会談”を持ちかけられたことを明かした。これまでの経緯があったからこそ、岡村が松本とのコンタクトを求めたことに、衝撃を受ける関係者も多かった。※女性セブン2019年8月15日号
2019.08.02 16:00
女性セブン
吉本社長 宮迫と亮は「君」、さんまと松本は「さん」の訳
吉本社長 宮迫と亮は「君」、さんまと松本は「さん」の訳
 雨上がり決死隊・宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号・田村亮らへのパワハラ発言をめぐる岡本昭彦・吉本興業社長の会見は、グダグダな内容以外にも気になった点があった。「宮迫君」「亮君」「加藤君」と騒動の渦中にある芸人たちを“君付け”で呼ぶ中、この2人だけ違ったのだ。「さんまさんに『芸人のことを考えてやってほしい(中略)』と言われました」「松本さんからは『(中略)俺も手伝う』とおっしゃっていただきました」 この発言には、視聴者にはわからない吉本興業の「厳然たる序列」が表われている。「吉本にいる6000人の芸人の中で、この2人だけは別格。カリスマとして君臨する大崎(洋)会長に対等に意見できるのは、この2人しかいません。加藤(浩次)や宮迫クラスの人気芸人にも威圧的に接する岡本社長すら、2人には頭が上がらない」(吉本関係者) それを裏付けたのが、2011年に引退した島田紳助の騒動に関する発言だ。「ほんまは大先輩がいるんやけど、現状として(明石家)さんまと松本(人志)が大崎に一番近くて、吉本の中で一番二番のギャラを取ってるイコール力じゃないけども、力のある二人が動かないかんと思って動いてるんやし、すごいええことやと思うわ」(『文春オンライン』7月24日付) だが、今回の騒動で表に出てくるのは、さんまより松本をめぐる話ばかり。なぜなのか。 松本は吉本のお笑い養成所・NSC(吉本総合芸能学院)時代に若手マネージャーだった大崎氏に才能を見いだされた。大崎氏は、ダウンタウンの漫才を初めて見た衝撃を〈今までそんなもん見たことがありませんでした。「あ、こいつら連れて吉本辞めたほうがええんちゃうかな」と思いましたね〉(『文藝春秋』2019年4月号)と振り返っている。 お笑い評論家のラリー遠田氏が解説する。「ダウンタウンはデビュー当時、その“新しさ”ゆえになかなか芽が出ず、大崎さんも社内で冷遇されていた。しかし売れっ子になって東京に進出すると『ガキの使いやあらへんで!』などさまざまな人気番組を立ち上げ、吉本が企画・制作から番組作りに関わるという現在につながるビジネスモデルを築いていった。また、彼らが売れたことで慣例だった厳しい師匠への弟子入りの必要がなくなり、養成所入りを希望する若手が爆発的に増えた。すべて松本―大崎体制の功績です」 その結果、松本の存在感は突出した。「大崎会長以下、岡本社長も藤原寛副社長も幹部は軒並みダウンタウンのマネージャー経験者。今田耕司、東野幸治など彼らに続いて大阪から東京に進出して成功したダウンタウンファミリーこそが主流派です。相方の浜田(雅功)さんは『自分はあくまで松本を支える立場』という姿勢で、今回の騒動でも沈黙を貫いています」(同前)◆松本が宮迫を、加藤が亮を しかし今回の騒動は、その松本が動いたことによってこじれたともいえる。 松本が大崎会長について「うちの兄貴なんで、いなくなったら僕は(吉本を)辞めます」(7月21日放送のフジ系『ワイドナショー』)と明言すると、加藤が翌日、「大崎会長は松本さんとずっとやってきた同志だと思うが、僕は後輩ながら言わしていただきますけど、会社のトップなんです。今の会長、社長の体制が続くなら僕は辞める」(日テレ系『スッキリ』)と訴えた。「極楽とんぼやロンブーといった初めから東京を拠点にしていた芸人たちにはダウンタウン系列とは違うマネージャーが就いていて、“自分たちは主流派じゃない”という意識があったようです。加藤さんはロンブー亮を可愛がっていたこともあり、非主流派を代表して声を上げたのではないでしょうか」(同前) 亮とともに会見した宮迫は1990年代はじめ、ナインティナインらと「天然素材」という吉本若手芸人のアイドル的グループとして世に出ており、やや異色の経歴だ。「天然素材が解散した後、ナイナイはすぐ東京に出て売れっ子になったため、あまり派閥色がない。それに対して宮迫は松本さんにかわいがられて東京での足がかりを得て主流派になった。ナイナイの岡村が6月末のラジオで宮迫について『ちょっと変わってしまった』と言っていたのは、そうした背景もあるのではないか。しかし、宮迫にすれば松本さんと親しいからこそ今回、救済に動いてもらえたわけですから、やはり立ち回りがうまい」(前出・吉本関係者) 皮肉なことに、宮迫を守るために松本が動き、亮を守るために加藤が動いた結果、解決策をめぐる考えに乖離が生まれ、期せずして両者の路線の違いが表面化してしまったのである。※週刊ポスト2019年8月9日号
2019.07.29 07:00
週刊ポスト
ゆりやんレトリィバァ
ゆりやんレトリィバァ 英語力の差で渡辺直美と立場逆転も?
 芸名の由来を審査員から聞かれ、「私のペットは猫、その猫の名前がレトリバーなの」。流暢な英語でそう審査員に説明したかと思うと、星条旗をあしらった大胆なビキニでパフォーマンス。人気No.1ピン芸人のゆりやんレトリィバァ(28才)は華々しく全米デビューを飾った。 舞台は『アメリカズ・ゴット・タレント』。アメリカで大人気のオーディション番組で、毎回さまざまな才能を持ったアーティストが登場し、名物審査員との当意即妙なやりとりと圧巻のパフォーマンスを見せるのがお約束だ。 ゆりやんはオーディションを通過することはできなかったが、見ている人に強烈な印象を残した。特に注目されたのが、パーフェクトな英語だ。「ゆりやんは、審査員との質疑応答こそがキモと考えて、7時間も前に会場入りし、通訳や現地メディア関係者を巻き込んで、“模擬会見”を開きました。よい予行演習になったのか、本番では自己紹介の時点で観客の心をつかむことに成功。会場全体がゆりやんの味方になっていました」(テレビ局関係者) 過去に、海外進出を成功させた日本のお笑い芸人といえば、PPAPの動画が1億回以上再生されたピコ太郎(45才)がいるが、渡辺直美(31才)のインパクトの方が大きいかもしれない。ビヨンセのモノマネでブレークした渡辺は、ニューヨークやラスベガスでもパフォーマンスを披露して人気を博した。「今回のゆりやんも反響がありましたが、渡辺がここ数年で築き上げたプラスサイズのカリスマの地位は不動。知名度はずっと渡辺の方が上でしょう」(現地の芸能関係者) 渡辺はアメリカでGAPのモデルに抜擢され、イギリスの『VOGUE』では“日本女性への固定観念を破壊する存在”と絶賛されるなど、すでに地位を築いている。 とはいえ、今回のゆりやんの英語でのやりとりは称賛されるべきと、多くの人が話す。「ゆりやんは関西大学出身の才女。2015年に『ナイナイの海外定住実験バラエティー』(TBS系)に出演した際も、ニューヨークに定住し、なんの不自由もなく、英語を話していました」(芸人仲間) 洋画好きの両親の元に生まれ、大学では映画研究会や、留学生の多いダンスサークルに所属していたというゆりやん。その頃から英語の勉強を始め、彼女の“英語耳”はかなり鍛えられているという。「一方の渡辺は、4月から日本とアメリカを行き来する生活を送っていますが、英語力はまだまだ。アメリカでは日本のように仕事がどんどん入るわけではなく、不満をこぼすことも多いと聞きます。ゆりやんが本格的に海外での活動を視野に入れるようになれば、その英語力を生かして渡辺との立場が逆転することも考えられます」(前出・現地の芸能関係者)“調子乗らないで”頑張れゆりやん!※女性セブン2019年7月4日号
2019.06.20 16:00
女性セブン
レイザーラモンRG HGとは「お互い引っ張り上げ合う関係」
レイザーラモンRG HGとは「お互い引っ張り上げ合う関係」
“あるある”ネタでブレイクした、お笑い芸人のレイザーラモンRG(44才、以下RG)。RG(リアルゲイ)というキャラクターは、相方のレイザーラモンHGが2005年に大ブレイクした際に、先輩芸人に支えられて生み出されたという。そこでRGに、コンビ仲や先輩芸人について聞いた。――相方・HGさんの大ブレイクについて、どう思った?RG:「うちの相方面白いだろ」という気持ちしかなかったです。彼の面白さに一番初めに気づいたのは、ぼくですから。大学生のプロレス同好会が一緒で、卒業するときに記念受験じゃないですけど、「お笑いオーディションを一緒に受けへんか?」と誘って、コンビを組んだんです。――なぜHGさんに声をかけた?RG:特別に仲がよかったわけじゃなかったんですけど「お笑いが好き」という空気を出していたんです。プロレスで見せる身体能力に加え、笑いも取ろうとしていたんですよ。それに、技がダイナミックで華がありました。ちなみに、後輩には新日本プロレスの棚橋弘至がいましたが、プロレスラーになりたいと言っていたので、誘いませんでした(笑い)。――HGさんのブレイクにより、コンビの関係性は変わった?RG:会えない時間が増えた関係で、ギスギスしたところもあった気がします。仲が悪いというほどではなく、ちょっと距離ができたというか。そんなときにプロレス団体のハッスルに参戦して、2人一緒に天龍源一郎さんにボコボコにされたりして、また打ち解けました。 彼が大ブレイクしたがゆえに、先輩が「お前も頑張ろう、イベント出してやるからキャラ作れ」って優しくしてくれて、そこで市川海老蔵さんのモノマネができ上がりました。RGというキャラも、放送作家さんやディレクターさんが声をかけてくれたのがきっかけです。――そのときにいちばんお世話になった先輩は?RG:バッファロー吾郎Aさん。イベントに出させてもらいました。吉本新喜劇にも出ていたので、小籔千豊さんにも「好きに色々やっていいよ」と言われて、やらせていただいて。その時にBARBEE BOYS(バービーボーイズ)のネタもできました。 海老蔵さんに似てるなと言ってくれたのはケンドーコバヤシさんです。ケンコバさんが何度もラジオに呼んでくれて、「あのあるある、あるんか?」って無茶ぶりをしてくれて、鍛えられたのはありますね。――現在は逆転して、HGさんよりRGさんの方が、メディアの露出が高いですね。RG:コンビは、どちらかが忙しい時期、充電の時期というのがあると思います。今はぼくがピンで出ることによって、「次はレイザーラモンのコンビで出してください」と言えますし。どっちかが出ていれば、引っ張りあげられるな、という気持ちでやっています。ぼくがいない間は、HGは体鍛えてボディビルで優勝しましたしね。お互いの趣味を仕事にしつつ、レイザーラモンというコンビにフィードバックする、すごくいい関係です。コンビ仲もよくて、後輩たちがうらやましがる状況ですよ。オフでも、服の趣味が合うので、「このスニーカー出るよ」とか、情報交換をLINEでしています。――コンビでも活動している?RG:テレビではあまりコンビで出ていないんですけど、イベントでは2人の漫才が基盤です。ぼくらが最初に組んで取った賞が、『今宮こどもえびすマンザイ新人コンクール』の福笑い大賞でした。ダウンタウンさんやナイナイさんとかも出場した大会です。また漫才に戻ったので、中川家さんとかが「漫才頑張ってるな」と言ってくれるのが嬉しいです。――HGさんの印象的なエピソードは?RG:あいつが“ハードゲイ”というキャラを始めたのは、ケンコバさんの言葉がきっかけだったんです。HGは鍛えた体を見せたいがために、裸にベストを着ていて、「お前はハードゲイか」とケンコバさんに言われたんです。ハードゲイってなんや? とHGが調べて、ゲイの人たちに教えを乞うて、こういうのをやらせてもらいますとお知らせして。ひとつのキャラに対する、探究心と謙虚さと律義さ。それをぼくもやらなあかんなとずっと思っています。ハードゲイをふざけてやっていたのでは、日本を席巻することはなかったと思います。――今後、2人でやりたいことは?RG:漫才の大会で優勝したいです。M1はコンビ結成15年以内でないと出られないので、ぼくらは出場資格がないんです。なので、関西の上方漫才大賞のような、名のある漫才大賞を獲れたらうれしいですね。【レイザーラモンRG】1974年6月8日生まれ、熊本県出身。同志社プロレス同盟にいたレイザーラモンHGと出会い、1997年にお笑いコンビ「レイザーラモン」を結成する。2006年からはプロレス団体「ハッスル」に参戦。今年6月にファーストシングル『いただきます』をリリース。9月に『あるある黙示録』(双葉社)上梓。
2019.01.02 07:00
NEWSポストセブン
岡村が愛車で美女をピックアップ
ナイナイ岡村隆史、「タイプど真ん中」美女が自宅お泊まり
 お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史(48才)が、美女といっしょに音楽フェスを楽しんだ後、自宅に迎え入れていた──。 東京・お台場に毎年10万人もの観客を集めるエレクトロニック・ダンス・ミュージックの祭典『ULTRA JAPAN』(以下、ウルトラ)。5年目となる今年も9月15日から3日間にわたって開催されたが、最終日となる17日の夜7時頃、インターネットの生中継が、ある人気お笑い芸人の姿を捉えた。ネット上には、すぐにこんな書き込みが相次いだ。《岡村さん見つけた!》《今年もVIP席で踊ってた!》 岡村はこのイベントの常連で、ノリノリで踊る姿もファンにすれば“いつも通り”のこと。だが、この時の岡村は、いつもとは大きく違っていたのである。その理由は、隣で踊っている美女にあった──。『ウルトラ』の会場で踊る数時間前。東京・品川駅からほど近い大通りに愛車の四駆を停車させ、ハザードランプを点滅させる岡村の姿があった。待つこと数分、そこに小走りで駆け寄ってきたのは、黒いキャップから巻髪をなびかせる美女。スキニーパンツをはいた足は細くて長く、スタイルのよさが際立っている。 彼女は周囲を気にするように急いで助手席に乗りこむと、岡村は車を発進させ、自宅へと戻って行った。その後、2人で向かった先が『ウルトラ』の会場だったようだ。いったいこの美女は誰なのか。「岡村さんの地元・大阪に住んでいる知人女性です。20代でタレント顔負けのルックスですが、芸能活動はしていない一般人。岡村さんは常日頃“芸能人の女性はもうこりごり”と言っていますから。この日は岡村さんの友人男性も一緒に『ウルトラ』に行ったようです。イベント後は、友人男性と別れ、岡村さんと彼女は2人で自宅へと帰ったそうですよ」(岡村の知人) 岡村はもう二十数年来「彼女がいない」と公言しているが、その原因は極度の女性不信だといわれてきた。 岡村の“交際関係”が最初に報じられたのは1998年のこと。相手は“魔性の女”と称されていた葉月里緒奈(43才)だった。「葉月さんが岡村さんのことを気に入って、彼の電話番号まで調べて積極的にアタックしたんです。グイグイ来られたことに逆に岡村さんはビビってしまい、正式な交際には至らなかった。2006年には、熊田曜子さん(36才)とのお泊まりが『フライデー』されましたが、後になって熊田さんが他のお笑い界の大御所たちにもアタックしていたことを聞き、“本気やなかったんか!”と、かなりのショックを受けた。それ以降、女性に対して、警戒心をより強めてしまった」(芸能関係者) この年になるまで独身をこじらせてしまった岡村は、今田耕司(52才)、チュートリアル・徳井義実(43才)、ピース・又吉直樹(38才)とともに独身芸人が集う「アローン会」を結成、副会長に就任した。 本誌・女性セブンが今年5月に徳井の“自宅デート”を報じると、岡村は「アローン会に報告がなかった」「裏切り行為」と断罪。徳井がアローン会を脱退する騒ぎになった。 しかし、その後になって「結婚しなければ会員の資格あり」と“規約変更”し、徳井の復帰が実現した。となると、気になるのは、お泊まりしたこの美女との関係だが…。「地元の友人の紹介で、知り合ってまだ間もないそうです。ナイスバディーで色気があり、まさに岡村さんのタイプど真ん中。自宅に泊めたのは今回が初めてじゃないかな。当然、結婚なんて話にはなっていないでしょう」(前出・岡村の知人) とのこと。アローン会からの“卒業”はまだ先になりそうだが、この日、岡村が美女に心を踊らせていたことは間違いなさそうだ。※女性セブン2018年10月11日号
2018.09.26 16:00
女性セブン
若手芸人の海外移住企画、滞在10か月を経て帰国後の給料は
若手芸人の海外移住企画、滞在10か月を経て帰国後の給料は
 吉本興業に、アジア版「あなたの街に“住みます”プロジェクト」という企画がある。若手のお笑い芸人が、アジアの各地で日本のエンターテインメントを広める伝道師として、現地に密着。日本のエンターテインメントを広げるという使命をもって、台湾、タイ、インドネシア、マレーシア、ベトナムに滞在している。 2015年4月から約10か月間、「タイ住みます芸人」としてタイに住んだ一輪車パフォーマーのベン山形は、「苦しくて、辛くて、途中でリタイヤしてしまいました…」と当時のことを振り返る。いったい、何がそんなに辛かったのか。 ベンによれば、「タイ住みます芸人」の基本給は、生活費として手渡しされたという。「1万5000円の家賃、タイ語学校の授業料1万円、それプラス最低限の生活費を月初めにもらいます。本当にギリギリ生活できるくらいの額でした。住んでいたところは超ボロアパートで、全面コンクリート張りの牢屋のようなところ。6畳にキングサイズのベッドが備え付けられていたため、生活スペースはほとんどベッドの上でした。エアコンもついていたのですが、凍えるような空気しか出なかったので、いつも扇風機をつけて生活していました」。(ベン、以下「」内同) もちろん仕事もしていた。毎週日本人向けのラジオ番組に出演し、企業パーティーなどの営業が入ったこともあったというが、給料はその場ではもらえず、帰国後の後払いだったそうだ。 また、ベンは住みます芸人と同時進行で『ナイナイの海外定住実験バラエティー 世界のどっかにホウチ民』(TBS系)に出演していた時期もあった。そこでは、ギリギリの生活の中で面白い行動を撮影するため、いっさいお金がなくなったことも。「お金がない。言葉が通じない。不安しかない状態でも、何かを撮影しなければいけないということで、チャイナタウンに出向いたことがありました。 手持ちのカメラで街の風景を撮影していると、酔っぱらいのおじちゃんに絡まれて。相手にしないでいたら、ビール瓶を割ってこっちに向けてきたんです。側にいたタイ人の人が間に入ってくれて逃がしてくれて、一目散に逃げたのですが、その結果、道がわからなくなってしまいました。やっとの思いで交番を見つけて身振り手振りで説明すると、お巡りさんがノーヘルの二人乗りでバイクの後ろに乗せてくれて、猛スピードで無料バスのバス停まで運んでくれました」 奮闘するも、サバイバル生活に耐えられなくなってしまったベン。ほかの芸人がまだ残る中、10か月でリタイヤし、日本に帰国した。そこでもらった10か月分の給料は、5万円だったという。「いま考えると、もっと何かできたかもしれないとは思います」と後悔もあるようだが、「やっぱり自分には日本が合っています。お金があって安心な生活に変えられるものはないと、あの経験から学びました」。過酷な経験は、“当たり前の生活”をありがたいと思う気持ちにつながっているようだ。
2018.08.25 15:00
マネーポストWEB
モー娘。メンバー集結 ディズニーランド35周年に有名人続々
モー娘。メンバー集結 ディズニーランド35周年に有名人続々
 4月13日夕方6時すぎ、いつもより早く閉園時間を迎え、客足が引いた東京ディズニーランドのエントランスに、新たな人の列ができていた。 その列を見渡すと右も左も有名人ばかり。市川海老蔵親子が歩いているかと思えば、こっちはナイナイ矢部浩之一家、アヤパンこと高島彩アナとゆずの北川悠仁夫妻も子連れでその時を待っている。「この日は4月15日に35周年を迎えるディズニーランドのプレビューナイトでした。18時から22時までの限定です。スポンサー関係者や芸能人など数百人が招待されていたようです。この日は、待ち時間もなくアトラクションに乗れたり、特別なお土産をもらえたり、いたれりつくせり。一足先に35周年アニバーサリーを体験できる特別な夜でした」(参加した客) 入園すると紙吹雪で迎えられる。メインストリートは特別仕様にライティング。目移りする華やかさだが、ふと見ると後藤真希とミキティ一家が記念撮影しているし、少し進むと、辻希美一家と吉澤ひとみがパチリ。 家族連れだけではない。人気アトラクション、ホーンテッドマンションには手をつないだ松田翔太・秋元梢カップルが。リニューアルしたイッツ・ア・スモールワールドには浅田真央の目撃談も。夏目三久、滝川クリステル、小倉智昭、モト冬樹、藤田ニコル、吉岡里帆、山口もえ、そして数え切れないほどの芸人たち…周りを見れば芸能人だらけだ。 年に300回以上足を運ぶディズニー通のお笑い芸人、ツートンカラーの上田昌幸もこの夜入園していたという。「プレビューナイトはランドやシーの周年ごとに行われているんですが、今回の35周年はとくに芸能人の多さに驚きました。著名人や関係者を招待して先に体験してもらい、SNS等で広がることで一般の人にもイベントを知ってほしいという狙いがあるのだと思います」(上田) 35周年の特別パレードと同じくらい豪華な面々だった。※女性セブン2018年5月3日号
2018.04.20 16:00
女性セブン
中居はカウコン、3人はAbema、木村は? それぞれの年始
中居はカウコン、3人はAbema、木村は? それぞれの年始
 2018年の元日、木村拓哉(45才)は都内一等地にある邸宅を訪れていた。100坪はあるかと思われる広大な土地に、3mほどの高い門。大きな門松と国旗が掲揚された存在感ある大豪邸だ。夕方5時ごろ、黒のジャケット、パンツに黒縁眼鏡で颯爽と車を降りる。その15分後、同じ邸宅に入っていったのは樹木希林(74才)、本木雅弘(52才)だった。「木村さんと親交の深いアパレルブランド社長の自宅で開かれた新年会でした。工藤静香さん(47才)や2人の娘さん、お義母さんも一緒でした。樹木希林さんもお孫さんたちを連れていて二世たちの顔ぶれもすごかったですね」(関係者のひとり) 毎年開かれているというこの豪華新年会は大御所たちが集うことでも知られるという。「希林さんをはじめ、笑福亭鶴瓶さん(66才)も毎年出席しているそうです。いろいろなおせち料理から、銘酒まで取りそろえられているんです。木村さんもお酒を飲んで会話を弾ませていましたよ。夫優先だったのか、工藤さんはソフトドリンクだけで抑えて、帰りは彼女が運転して帰っていました」(前出・関係者) 1年前は中居正広(45才)と元SMAPの面々、元メンバーである森且行(43才)の大忘年会が行われ、木村1人がいなかったことが取り沙汰されたが、今年の元日の木村の表情は明るかった。 つい先日、木村は『FRIDAY』の直撃に率直な胸の内を明かしていた。《自分の気持ちや思っていること、わかってほしいことはあります。(中略)自分が現場でやるべきことをやって、返していけばいいんだなって。自分の中で、自分と約束したので》 中居とは連絡はとっていないというが、《(言われているような確執は)全然ないですよ》と笑顔で答えていた。 元日に放送された明石家さんま(62才)と共に出演する『さんタク』(フジテレビ系)でもSMAPに触れる発言はまったくなかった。「収録前に、さんまさんは“言いたいこと言うとけ”と木村さんに促していましたが、木村さんは“やめておきます”という姿勢を崩さなかったんです。もう過去についていろいろ言っても仕方がない。3人のことは応援するけれど、別々の道をそれぞれしっかり歩みます、と。前を向いているんだな、という感じを強く受けましたね」(番組関係者)◆中居・稲垣・香取・草なぎの年始 中居は例年とは全く別の年末年始の過ごし方をしていた。「毎年、ジャニーズ事務所は大晦日にカウントダウンコンサート(通称、カウコン)を行っていますが、そこに中居さんが初めて参加したんです。現れたのが中居さんだとわかったときはあまりに異例のことに、ファンは騒然としていました」(芸能関係者) カウコンに参加したのは1月2日に放送された『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)の「中居&ナイナイ日本一周」の企画のためだった。「中居がやりたいこと」の1つに「1度でいいから他人のコンサートに乱入してみたい」という願いがあり、それを叶えた形だった。「終始、覆面マスクをしたままでしたが、マスクをとらなかったのも中居さんの気遣いだったんでしょうね。SMAPでただ1人堂々とこの舞台に立つのは…という思いもあったんだと思います」(番組関係者) 香取慎吾(40才)、草なぎ剛(43才)、稲垣吾郎(44才)の3人は、新年を迎えて少したった午前0時45分から『27Hunホンノちょっとテレビ』(AbemaTV)に出演した。「本来、新年になる瞬間の放送にしたかったようですが、ジャニーズの仲間たちに気を使って、カウコンが終わった直後からのスタートにしたようです。新曲を披露したり森くんに電話したりと、新年の抱負を語ったり、新しい年越しでした。香取くんはそのまま『欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞』(日本テレビ系)の収録も行い、元気な様子を見せていました」(番組関係者) 解散から1年。それぞれが本当に新しい道を歩き始めている。※女性セブン2018年1月18・25日号
2018.01.06 07:00
女性セブン

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン