国内

車は1人1台が当然の地域で免許返納した78才男性 揺れた心

「都会的なものが何もない」のをウリにするほど自然豊かな和歌山県紀美野町に暮らす大畠さん(撮影/伏見友里)

「安心安全だけやないんですね。自転車で走っていると、今日は風が強いなぁとか、花の甘いにおいがするなとか…近所の人と話す機会も増えたりして、車をやめていろんなことに気がつくようになりました」

 笑顔でそう話すのは、今年2月に運転免許証を返納した大畠信雄さん(78才)。

 大畠さんは和歌山県紀美野町で妻(76才)とふたり暮らし。近所に娘(46才)家族が暮らしている。製鉄会社を定年まで勤め上げた傍ら、息子(49才)が中学2年生時に統合失調症を発症したことがきっかけで『和歌山県 精神保健福祉家族会連合会』を設立。同会の副会長として、患者だけでなく当事者家族の支援のため、相談や勉強会、講演などの活動を続けている。趣味は家庭菜園とスキーで、自らを健康優良児ならぬ「健康優良爺」と称するほど、病気知らずのアクティブな日々を送っている。

 大畠さんが暮らす紀美野町は和歌山県北部に位置し、人口1万人弱、町の総面積の75%を森林が占める緑豊かな町。バスは朝夕が30分に1本、日中は1時間に1本。最寄り駅まではそのバスに揺られて25分、片道510円かかる。1人1台の自動車保有が当たり前で、高齢者比率が約44%の同町には(全国平均は約27%)、紅葉マークを付けた車が多く、大畠さんも例外ではなかった。

「現役時代、通勤は車。車の免許を持っていない家内の外出時の送り迎えやスーパーの買い物、入院している長男の面会や外泊時の送り迎え、家族会の活動など、返納まではほぼ毎日のように車に乗ってました」(大畠さん・以下同)

 そんな大畠さんが返納を考えたのは1年前のこと。

「夕飯のあとやったかなぁ。なんでもない時にね、妻がふと『免許返納したら?』って言うたんです。サラッとそう言われて、『え!? なんで? なんでぼくが?』って。ショックでそれ以外の言葉が出なくて」

 というのも、運転には自信があったからだ。29才で免許を取得して以来、半世紀近く無事故無違反のゴールド免許。前回の免許更新時に受けた高齢者講習では100点に近い点数で合格していた。

「高齢者の事故や免許返納のニュースを見ると『(返納を)ぼちぼち考えないかんな~』とわが家でも話題にはしてたんですけど、他人事やったんやね。それだけに、いざ自分が言われた時にさみしさとショックでね。『なんでぼくなん?』って言葉が出てきて。

 そんなぼくに妻は『娘からも相談されててね。心配してるのよ』って言うんです。父親は娘には弱いですからね(苦笑)。そうかぁ…と。

『次の更新の時に考えてみてね』って。その時は話はそこまで。そのあと何度か、『考えてみてね』って妻に言われましたね。娘から直接言われたことはなくて、あんまり言うのもいかん、妻とそんな相談してたんじゃないですかね。

 妻からそう言われて初めて、家族がどれほど心配していたかと気づきましてね。元気やいうても75才を超えてますからね。それから事故のニュースが気になりだして、友人に相談してみたりするうちに、運転を続ければいずれ自分が加害者になるかもしれない、事故になれば被害者であっても家族に大きな負担をかけると思い始めたんです」

関連キーワード

関連記事

トピックス

オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
女性セブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
大野が進める計画とは(写真はジャニーズ事務所)
ドラマ単独初主演キンプリ高橋海人「キュンとするシーンも楽しめるようになってきました」
女性セブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト