国内

猫50匹惨殺52才男、「窃盗罪」で扱われ不起訴の可能性も

Aさんに問い詰められ、返答に窮する新村容疑者(愛護団体提供)

 ここ数年、日本は猫ブーム。ネコノミクスなんて造語も生まれた。そんな中、おぞましい事件が起きた。6月13日、富山県富山市で「50匹の猫を殺した」などと告白し逮捕されたのが、新村健治容疑者(52才)だった。

 被害にあった猫・モコオ(雄のアメリカンカール)の飼い主・Aさんが憤る。

「モコオが自宅前の路上で、自動車に乗った新村に連れ去られたのが5月19日。すぐに警察に通報しましたが、取り合ってくれない。何度か訴えたところ一度は動いてくれたのですが、“本人が否定している”“猫もいなかったし、これで気持ちを収めてほしい”と言うだけでした」

 到底納得できないAさんは地域の動物愛護団体と共に、新村の自宅に乗り込んだ。

「20分ほど新村に詰め寄ると、モコオの殺害を認めました…それだけでなく、“50匹から100匹ぐらい殺した”と嘯き、“せっかく苦労して捕まえたのに、すぐに死んでしまったら面白くないから”と水しか与えず、“ニャンニャン鳴いているのを聞いて楽しんだ”と残酷な殺し方もしゃべり始めたのです」(Aさん)

 新村のスマホには「猫を殴る」「猫蹴る」などの検索履歴があったといい、暴行の痕も見て取れたという。

 Aさんの怒りが沸点に達したのは、その直後。新村の“猫の遺体は漁港に捨てた”の告白通り、モコオの死骸を漁港で発見した時だった。

「連れ去られてからすでに1か月近く経っていたので頭部は白骨化し、胴体は剥製のようになっていました…。翌朝、警察に通報しましたが、夕方までモコオの遺体は放置されたまま。結局、私が遺体を回収しました」(Aさん)

 近隣では、数年にわたって飼い猫が行方不明になる事案が増えていたという。

 大事な“家族”を無残に殺されたAさんだが、今後、彼に追い打ちをかけるような展開になるかもしれない。新村に厳罰を求めることは難しいからだ。渋谷共同法律事務所の萩尾健太弁護士は言う。

「盗んだ猫を殺した場合に問うことができる罪は、『窃盗罪』『器物損壊罪』『動物愛護法違反』の3つ。今回の逮捕容疑である窃盗罪は懲役10年以下と、その中で最も重い刑ですが、初犯だし転売目的でもなければ起訴されない可能性もある。

 6月に改正案が可決された動物愛護法は、殺傷が5年以下の懲役または500万円以下の罰金。改正前は2年以下の懲役または200万円以下の罰金だったので、これでも重くなりました。器物損壊罪なら3年以下の懲役または30万円以下の罰金もしくは科料です」

関連キーワード

関連記事

トピックス

三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン