ライフ

世界三大美女の「美容食」 小野小町は生き血をすすった

クレオパトラの美の源は地中海にあった?(写真/アフロ)

 いくつになっても美しくありたいという願いは、女性にとって永遠のテーマ。だが美は1日にしてならず。歴史に名をはせた美女たちに共通しているのは、「食」を通じて美を追求していたことだ。

 その人生をひもとくと、現代では考えられない仰天食材もあれば、今日から実践できる食材を使用しているものもあった。“世界三大美人”と誉れ高い美女たちの「健康食」「美容食」を掘り下げてみよう。

◆クレオパトラ/地中海の恩恵を美容に

 紀元前50年頃、古代エジプト・プトレマイオス朝最後の女王としてクレオパトラが君臨していた時代、エジプトの都にはアフリカ全土やギリシャなどから金や食材などが運び込まれていたという。

 ローマ帝国から愛人のアントニウスがクレオパトラのもとを訪れた際「出されるものが何もかも豪華でおいしい」と感激したそうだが、それは彼女にとって日常の食事だったと作家・歴史エッセイストの堀江宏樹さんは言う。

「そこで『もっと豪華なものがあるわよ』と胸元を飾っていた真珠のネックレスを外し、酢の入ったグラスに入れ、溶けた真珠の美容液でのどをうるおしたという逸話があります。

 しかし、科学的に真珠が酢に溶けることはありません。一方で、繁栄していたエジプトの都では、美容食としてぶどう酒やはちみつを口にしていたことは考えられます。紀元前5世紀には地中海料理の原型のような料理があったので、オリーブオイルなど質のいい油が彼女のプロポーションを保つのに役立ったのかもしれません」

◆楊貴妃/ライチは二日酔いにもってこい

ライチを好んで食べたという楊貴妃(イラスト/アフロ)

 8世紀、唐の皇帝・玄宗の側室として楊貴妃が迎えられたのは、玄宗61才、楊貴妃27才の時。玄宗の寵愛を受けるため、美貌を保ちスタミナをつける食材を求めていたといわれている。なかでもお気に入りだったのが、ライチだ。白澤抗加齢医学研究所の所長で医学博士の白澤卓二さんがその効能を解説する。

「ライチにはポリフェノールやビタミンC、葉酸、銅と美容に効果的な成分が含まれています。ポリフェノールはメラニンの生産を促すチロシナーゼを抑制する働きがあり、シミ予防や美白効果が期待できます」

 また、楊貴妃は酒好きで、二日酔いに苦しんでいたともいう。

「ライチにはカリウムも豊富に含まれており、飲酒で失われたカリウムを補給する意味でも、ライチはぴったりの食材です」(白澤さん)

 彼女は亡くなった後も“美の象徴”として崇め続けられていた。

「楊貴妃の美しさにあやかりたいと願う女性たちが彼女の墓石を削り取り、美の漢方薬としてのんでいたとも。墓石は削られすぎてしまい、とうとうそのお墓はなくなってしまいました」(堀江さん)

◆小野小町/滋養たっぷりの生き血をすする

小野小町は鯉の生き血を飲んでいたとされる(イラスト/アフロ)

 三大美女のトリは平安時代の女流歌人・小野小町。当時から薬用魚として重宝されてきた鯉の生き血を飲んでいたとされる。

「当時の医学書『医心方』にも気血を増強する食べ物として鯉が紹介されており、滋養強壮にいい。いわば精力剤で、当時は鯉の身だけでなく、生き血を飲む習慣があったそうです」(堀江さん)

 現代では、寄生虫による食中毒が危険なため、生き血を飲むのはおすすめできないと白澤さんは言う。

「ただし、鯉は魚のなかでも栄養価が高いといわれ、たんぱく質やコラーゲン、ビタミンが豊富。肌のうるおいや疲労回復など、多様な効用が期待できます」

 ちなみに、美智子上皇后はかつてご懐妊のお祝いに、香淳皇后(当時)から鯉が贈られている。

※女性セブン2019年7月11日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン