• TOP
  • 国内
  • 中学受験で子どもをツブす「教育虐待パパ」の共通点

国内

2019.07.06 07:00  NEWSポストセブン

中学受験で子どもをツブす「教育虐待パパ」の共通点

◆教育に熱心な父親のタイプ

 私はこれまで、民間教育の現場で幼稚園受験・小学校受験・中学校受験、そして、高校受験に携わってきましたが、実際に受験として父親が深く関わってくる時期が中学受験です。幼児期の受験と違い、父親の存在感を示すことができるからです。それは、学習面や知識など、社会人としてのこれまでの経験を生かせると考えるからでしょう。

 わが子の教育に対して熱心な父親のタイプは、おおよそ次の4つに分けられます。

(1)学歴こそ低いものの比較的高収入の父親
(2)高学歴で、自分の成功体験を子どもに押し付ける父親
(3)高学歴でありながら途中挫折した父親
(4)学力にコンプレックスを抱え、自分の子に夢をかける父親

 高学歴の父親は、子供の学力が平均より高い場合、より学習指導に厳しくなる傾向があります。それは、子どもの学力の高さが、その先の高学歴人生を連想させ、父親の期待感が高まるからと考えられます。

 一方、父親が低学歴でも比較的高収入の場合、自分の過去から、子どもには苦労させたくないと、できるだけ早い時期から積極的に習いごとに通わせたり、勉強を無理やり“させる”傾向を示します。もちろん、子どもの教育に熱心な父親はいつの時代でも存在し、わが子に対する当たり前の接し方ともいえます。子どもに目を向けてみても、そんな父親の教育熱心さに応えるように、父親の言動や行動を認め、従順な態度や対応を示します。そのため、一生懸命に勉強します。

 しかし、まだ幼い小学生は受験という「ゴール」が本当に自分の望むゴールなのか判断がつきません。成長の途中にある中学受験の怖さはここにあります。このことを父親としても認識しておかなければなりません。親の言うとおりにすることで、子どもは実はそれがとても楽なことだと錯覚します。つまり、自分を支える力、自分を理解する自尊感情が育たないのです。

コメント 4

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス