• TOP
  • ライフ
  • 福島・会津若松と岐阜・飛騨から「バス弁」のおすすめ2選

ライフ

2019.07.07 07:00  週刊ポスト

福島・会津若松と岐阜・飛騨から「バス弁」のおすすめ2選

飛騨地方の食材がつまっている(写真提供/濃飛バス)

◆バス弁(岐阜県・濃飛バス・1080円)

 地元飛騨地方のブランド牛である飛騨牛を使った、飛騨牛しぐれ煮や飛騨牛コロッケをはじめとして、赤かぶら漬け、きゃらぶき、姫たけのこ、なつめ煮、飛騨産コシヒカリなど地元産にこだわった濃飛バスの「バス弁」。

 コンパクトに飛騨を凝縮した弁当はバス弁らしく、パッケージはバスを模している。食べた後のパッケージは写真立てとしても利用できるのが嬉しい。バスで飛騨の景色と味をゆっくりと堪能しながら移動すれば、他の観光に回せる時間も増えてお得だろう。

 濃飛バスが運営する平湯温泉バスターミナルのドライブイン「アルプス街道平湯」か、高山濃飛バスセンター内の売店で販売(数量限定)。予約は前日14時まで。

※週刊ポスト2019年7月12日号

関連記事

トピックス