ライフ

死ぬのも生きるのも怖い 40代女性の不安を描いた漫画

人気漫画家が40代の不安と明日を描き出す

【著者に訊け】雁須磨子さん/『あした死ぬには、』1/太田出版/1296円

【本の内容】
 本奈多子(さわこ)42歳は映画宣伝会社「ガールフレンド」に勤めている。仕事ができない同僚に怒りつつもハードに働く毎日だが、ある夜、心臓の動悸が止まらなくなる。〈やだ まって まって まって まって 映画祭も途中だし 部屋だって片づけてない〉…もしかして更年期障害かも? 健康に気を遣いつつ、それでも忙しなくハードに仕事をする多子に、中学生の時の同級生から連絡が――。

 インパクトのあるタイトルで、余韻が残る。「あした死ぬには、」の後には、どんな言葉が続くのか。

「この先に続く言葉で、どうとでも取れる感じにしたかったんです」

 映画の宣伝会社に勤める多子は42歳独身。彼女が直面する40代の壁、体調の変化や周囲の人間関係が細やかに描かれ、「それって、あるある」、という読者の共感を呼び起こす漫画だ。

「多子が経験する不整脈は自分の身にも起きたことなんですが、それ以前から40代の人を描きたいという気持ちはありました。知り合いで、40代でがらっと性格が変わった人が出てきたんですよ。たぶんそれが本当の姿というか、もともと根っこにあるものが隠せなくなった、隠したくなくなったっていうことなのかなと思って」

 更年期のホットフラッシュやまったく仕事ができない年上の同僚男性へのイラ立ち、頼れる女性の後輩、目減りする預金通帳の残高など、働く40代女性の「今」を際立たせるディテールがどれも興味深い。

「老後にいくらお金がかかるかっていうのは30代から気にしていました。自分の考えていることが世間の人の悩みから外れているとは思わないので、自然に出てきたエピソードを描いていきます。同じ気持ちの人がどこかにいる、っていうのを常に思って描いてます。読んだ人にほっとしてもらえたらうれしいし、自分としてもありがたいです」

 多子の仕事上の知り合いで、病気で余命宣告を受ける人も出てくる。多子が述懐するように、「死ぬのも怖いが、生きるのも怖い」。それでいてまだまだ変化し続ける、40代はそんな年齢だ。

 パート先で客から「オバチャン」と呼ばれショックを受ける同級生の塔子ほか、多子以外の40代女性も登場する。作品は今も太田出版のウェブで連載中。これが初めてのウェブ連載だそう。

「これまでは私のことが好きで読んでくださる媒体での連載でしたが、ウェブだと、読者の間口が広がるのがうれしくもあり、怖いところも。描いてすぐ反応があるので、描き上げて掲載するまですごく緊張します」

◆取材・構成/佐久間文子

※女性セブン2019年7月18日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン