• TOP
  • 国内
  • ミッチーが総理になっていたら失われた20年はなかったか

国内

2019.07.18 07:00  週刊ポスト

ミッチーが総理になっていたら失われた20年はなかったか

総理になってほしかった政治家は誰?

「経済政策では自民党内でずば抜けた見識があった。日銀が極端な金融引き締めでバブルをはじけさせたのを海部(俊樹・元首相)も宮沢も野放しにしていたが、ソフトランディングを唱えていたミッチーが総理になっていれば、極端な金融引き締めを止めさせ、“失われた20年”は起きなかったと思う」

 宮沢政権下で自民党は大分裂し、1993年の総選挙に敗北して細川政権が誕生する。

※週刊ポスト2019年7月19・26日号

関連記事

トピックス