国内

東京五輪の会場工事にトラブル続出 完成8か月遅れの施設も

テニスのメイン会場となる有明コロシアムは来年3月完成予定

 東京都が主体となったオリンピックの会場整備に暗雲が立ち込めている。ボート・カヌー会場の「海の森水上競技場」など完成した施設もある一方、数々のトラブルにも直面。昨年秋に発覚した免震装置メーカーによる検査データ改ざん問題では、「東京アクアティクスセンター」の装置を交換する事態にまで発展した。

 また、「有明テニスの森」の一部工事などを受注していた業者が経営破綻。完成予定が8か月遅れて来年3月にずれ込んでいる。「カヌー・スラロームセンター」の選手控室も、完成が12月に延びた。

 7月3日に行なわれたメディア向けの公開ツアーでは、こんなハプニングも発生している。当日はバレーボール会場「有明アリーナ」など4施設が見学できるとあって、国内外から取材陣が集まった。だが工事現場の調整が間に合わず、敷地外から施設を眺めるだけで、不満の声が噴出した。建築アナリストの森山高至氏が言う。

「開会式まであと1年だが、未完成の会場も多い。見学者を入れるために工事を一時中断する余裕すらないのでしょう」

 令和の歴史にその名を刻むスポーツの祭典。万全の態勢で世界のアスリートを迎えられるのか。

江戸川区のカヌー・スラロームセンター

◆撮影/小倉雄一郎

※週刊ポスト2019年8月2日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
なぜここまで打てなくなってしまったのか…(時事通信フォト)
巨人・小林誠司、6月の打率0割… 慢性的な打撃不振は「指導者に責任の一端」の指摘
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
分裂抗争が最終局面に(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
「民間人の店も襲撃」 最終局面に突入した分裂抗争で六代目山口組が見せた意志
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子 “破壊力抜群”水着ショット公開はレギュラー番組激減への反転攻勢か
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン