国際情報

中国でも燻る年金不安 若者は「フェイクニュース」に動揺

若者は「老後」が不安?

 経済成長著しい中国にとっても、「年金」は社会問題であるらしい。現地の情勢に詳しい拓殖大学海外事情研究所教授の富坂聰氏がレポートする。

 * * *
 2035年、中国の養老金(年金)はすべて底をつく──。7月11日、中国共産党中央機関紙『人民日報』は、〈「注目」 年金の資金はすべて使い尽される? 真相は……〉というタイトルで年金問題を取り上げた。

 もちろん全否定することが目的の報道で、記事は書き出しから、〈最近、“年金が2035年には使い尽される”というフェイクニュースがまたしても広がっている。80年代、90年代以降に生まれた世代は本当に年金を受け取ることができないのか?〉と、噂をフェイクと決めつけている。

 奇しくも日本でも老後資金が2000万円不足──人生100年時代に備える場合──するというニュースが世間を騒がせたばかりだ。いずれにせよ社会保障費が重いことは、どの国にも共通する悩みになるなか、同じように高齢化社会へとまっしぐらに向かう日中が同じように話題で騒いでいるのだから面白い。

 記事の中で、「またしても」という記述があるのは、今年4月に同様の噂がネットを駆け巡ったからである。

 逆に考えれば、4月の時点で人社部(人力資源・社会保障省)をはじめ社会科学院などを総動員して火消しを行ったにも関わらず、こうして疑惑が再燃したということで、人々の関心の高さがうかがえるのだ。

 発端は、一部の地方で年金の資金が不足しているとの統計が出されたことだったが、これは、支え役の現役労働者が流出する地方と流入する地方との違いから生じてしまった問題であり、誤解を恐れずに言えば「調整すればよい」ということのようだ。

 それにしても80后、90后と呼ばれる若者たちが、経済がこのまま拡大してゆくという前提で考えられている年金を無邪気に信じられるはずはないのだから、ちょっとした噂に動揺するのも無理はない。その事情は日本もまた同じである。

関連キーワード

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン