国内

「プールで熱中症注意」説 専門家からは疑問の声

泳いでいても熱中症になるのか

 猛暑の夏に気をつけたいのが熱中症である。熱中症が起きる場所と言えば、炎天下の競技場やイベント会場などを思い浮かべるが、実際に多発するのは意外な場所だ。

 東京消防庁の統計によると、熱中症による救急要請時の発生場所としては、「住宅等居住施設」が全体の40.6%を占め、実は家の中がもっとも多い(2018年6~9月)。高齢者が熱帯夜にエアコンをつけずに寝ていて熱中症になるというケースは多数報告されているが、それ以外にも家の中で熱中症になるケースがある。

 熱中症の調査研究をしている千葉科学大学危機管理学部の黒木尚長教授(法医学・救急救命学)は、「風呂」の危険性に警鐘を鳴らしている。暑気を払うためにあえて熱い風呂につかる、という健康法や美容法も提唱されているが、熱中症で倒れてしまっては本末転倒だろう。

 黒木教授は、大阪市消防局などがもつ入浴中の事故に関するデータと、65歳以上の男女約3000人を対象にしたアンケート調査の結果を分析したところ、入浴中に浴槽で体調を崩した高齢者のうち、8割以上が熱中症であるかその疑いのあることが判明したという。

 これまで風呂場で倒れた人は、ヒートショック(急激な温度変化で血圧が大きく変動して失神や心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こすこと)を疑われていたが、ヒートショックは全体のわずか7%に過ぎず、ほとんどが熱中症だったというのだ。

「“風呂でのぼせた”とされている状態のほとんどが実は熱中症だったのです。42℃のお湯に30分ほど浸かると、体温は40℃に達しますから、重度の熱中症の症状が出て、意識障害を起こしても不思議ではありません。高齢者は老化で熱さを感じにくくなり、長風呂をする傾向があるので、熱中症の初期症状が出ないまま、いきなり意識障害に陥って浴槽で溺死したり、救急搬送先の病院で亡くなったりする。亡くなった方の実際の死因が、心筋梗塞や脳梗塞であるケースは非常に少ないのです」

 消費者庁やメディアなどは、高齢者に対し、冬場に「いきなり熱い湯に入らないようにしましょう」「ヒートショックに気をつけましょう」といった注意を促しているが、気をつけるべきは、季節に関係なく、「長風呂」だったのだ。

 しかも、これは高齢者に限った話ではない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン