国内

「プールで熱中症注意」説 専門家からは疑問の声

泳いでいても熱中症になるのか

 猛暑の夏に気をつけたいのが熱中症である。熱中症が起きる場所と言えば、炎天下の競技場やイベント会場などを思い浮かべるが、実際に多発するのは意外な場所だ。

 東京消防庁の統計によると、熱中症による救急要請時の発生場所としては、「住宅等居住施設」が全体の40.6%を占め、実は家の中がもっとも多い(2018年6~9月)。高齢者が熱帯夜にエアコンをつけずに寝ていて熱中症になるというケースは多数報告されているが、それ以外にも家の中で熱中症になるケースがある。

 熱中症の調査研究をしている千葉科学大学危機管理学部の黒木尚長教授(法医学・救急救命学)は、「風呂」の危険性に警鐘を鳴らしている。暑気を払うためにあえて熱い風呂につかる、という健康法や美容法も提唱されているが、熱中症で倒れてしまっては本末転倒だろう。

 黒木教授は、大阪市消防局などがもつ入浴中の事故に関するデータと、65歳以上の男女約3000人を対象にしたアンケート調査の結果を分析したところ、入浴中に浴槽で体調を崩した高齢者のうち、8割以上が熱中症であるかその疑いのあることが判明したという。

 これまで風呂場で倒れた人は、ヒートショック(急激な温度変化で血圧が大きく変動して失神や心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こすこと)を疑われていたが、ヒートショックは全体のわずか7%に過ぎず、ほとんどが熱中症だったというのだ。

「“風呂でのぼせた”とされている状態のほとんどが実は熱中症だったのです。42℃のお湯に30分ほど浸かると、体温は40℃に達しますから、重度の熱中症の症状が出て、意識障害を起こしても不思議ではありません。高齢者は老化で熱さを感じにくくなり、長風呂をする傾向があるので、熱中症の初期症状が出ないまま、いきなり意識障害に陥って浴槽で溺死したり、救急搬送先の病院で亡くなったりする。亡くなった方の実際の死因が、心筋梗塞や脳梗塞であるケースは非常に少ないのです」

 消費者庁やメディアなどは、高齢者に対し、冬場に「いきなり熱い湯に入らないようにしましょう」「ヒートショックに気をつけましょう」といった注意を促しているが、気をつけるべきは、季節に関係なく、「長風呂」だったのだ。

 しかも、これは高齢者に限った話ではない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト