国内

突然ネットに「破産者情報」 今後も類似被害が続出の懸念

 国立印刷局が発行する官報には入札情報から破産情報まで、直近30日以内の情報が掲載され、誰でもウェブサイトで閲覧が可能だ。それ以前の情報に関しては、公営図書館の端末や、有料の官報情報検索サービスで閲覧できる。しかし、勤務先の記載はなく、もちろん「融資希望額」などが掲載されることはない。都内の名簿業者は「貧困者データベース」が、複数の情報を寄せ集めて作られた「脅迫サイト」である可能性を指摘する。

「官報の破産情報の他に思い当たるのが、闇金業者から流出した名簿です。時には、倒産した街金業者から利用者の氏名や住所が出ることだってあります。特に多重債務者の情報は、違法金融業者の間で日々、やりとりされており、ダイレクトメールや電話で営業をかけるために使われています。勤務先や希望融資金額は、これらのデータに載っている情報に他なりません。こうした複数のデータを寄せ集めてサイトを作ったのでしょうが、情報の鮮度という意味で言えば、悪用するには使い物にならないというか…」

 業者の証言を裏付けするために、貧困者データベースの情報十数件について、住宅地図情報や登記簿謄本を取得し居住実態の確認を取ったが、そのほとんどが転居済みなど、直近のデータではないことがわかった。調査したうちの三件は居住実態があったものの、当事者が死亡している、もしくはMさんのように消費者金融や街金の利用経験があるということであった。

 貧困者データベースの「運営者」を名乗るツイッターアカウントに接触したが、返答がないうちにアカウントは消えた。運営に関与していると見られる男性の名前を元に、関係先と思われる住所を調べたが、やはり法人実態、居住実態共に確認はできなかった。

 どんな目的を持って開設されたサイトか不明ではあるが、個人の名誉を踏みにじる悪質なサイトであることは言うまでもない。情報化が進む社会の中で、いつ何時、自身の情報が漏れて悪用されるかわからない。たとえ陳腐だとはいえ、こうした悪意に対峙した時、パニックになるのではなくまずは公的機関へ相談するなど、冷静な対処が望まれる。

関連キーワード

関連記事

トピックス

悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
佐藤浩市
佐藤浩市 デビュー当時の撮影現場での厳しさ振り返り「叱ってくれた大人に感謝」
女性セブン
良原安美アナ
『サンジャポ』抜擢のTBS・良原安美アナ 「読書家」の素顔明かす
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
神戸山口組幹部自宅に車両突っ込み 分裂抗争再燃か、変化する六代目山口組の動き
週刊ポスト
aiko
「年下の塩顔ファンと電撃婚」aikoの匂わせ曲と変わらないファンへの神対応
NEWSポストセブン
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
上島竜兵と有吉弘行
上島竜兵さんへの有吉発言にあらぬ批判 「2人の関係性を分かっていない」との指摘
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
NEWSポストセブン