ビジネス

スポーツ実況とTwitter 相性が良いのはなぜなのか

 そして、見ている側にもメリットは大きい。自宅にいて一人で見ていたとしても、多数の人と一緒に盛り上がっている感覚を味わえるからだ。視聴する気がなかった試合でも、Twitterの盛り上がりを見ていてテレビをつけた……という経験がある人もいるはず。簡単に参加できて、盛り上がりが可視化できることが、スポーツとTwitterを結びつける要素である。いわばSNSは、一人一人のテレビ視聴者をつないで大きな盛り上がりに見せる「アンプ」のような役割を果たしているのだ。

 盛り上がりの可視化、という意味では、別にスポーツに限らない。映画やドラマなどでも「生視聴の実況」という行為は盛り上がるものだ。だが、ドラマや映画は録画視聴しても問題は少ない。スポーツは結果が見えていないからこそ生視聴に向く。そして、Twitterの実況もまた、リアルタイムで参加することに意義がある。

 こうした要素を見ていくと、「テレビ放送があること」「Twitterがあること」が、スポーツイベントにとって大きな意味をもってくるのは必然であるのがわかる。

◆動画配信との連携も一般的に

 SNSに動画を埋め込む例も増えてきた。テレビの前にいない人が増えていることもあり、そうした人々とスポーツの間をつなぐには、SNS自身が配信機能を持つことが重要になっているからだ。

 DAZNは、自社が配信の権利を持つサッカーJ1リーグについて、毎節1試合、Twitter上で1試合全部を無料で配信している。Twitterアプリの上部に動画が出てくることがあるが、ここにDAZNによるサッカー中継が出てくるわけだ。

 各種動画配信アプリも、Twitterと連携している。AbemaTVはTwitterでのツイートを番組と同時に表示するコメントとして活用しているが、生中継・実況中継では特に活発に使われている。緊急記者会見で使われる印象も強いが、スポーツの中継にも積極的である。

 オリンピックやワールドカップのような世界的イベントになると、専用のスマホ用動画配信アプリも作られるが、それらでも、SNSへのシェアやコメントの確認機能が搭載されるのが基本である。

 利用者数の関係で、いまはテレビとの相性がもっとも良いが、動画配信との関係も、これからどんどん強くなっていく。特に、2020年以降、携帯電話の新規格である「5G」が一般的になっていくと、動画を視聴する際の費用負担も軽くなり、さらに身近なものになるだろう。そうなると、「動画配信を見つつSNSで実況」という形は、スポーツ観戦にとってより一般的な姿になる。

◆「ハッシュフラッグ」で盛り上がりを演出するTwitter

 こうしたことを、テレビ局もスポーツイベント運営元も、そしてTwitterもよくわかっている。そのためここ数年は、共同でプロモーションを展開することが増えている。Twitterにとっては、スポーツとの連携でTwitterの利用者が増えることが、そのまま広告収入に反映されるからだ。

 特に多いのが「ハッシュタグ」の設定だ。ハッシュタグとは、#から始まる単語で、クリックすると簡単に「そのハッシュタグがついた話題」だけを追いかけることができる。誰でも自由に作ることができるものだが、大きなイベントなどでは、主催元が「公式ハッシュタグ」を設定して多くの人に使ってもらうのが一般的になった。ハッシュタグを設定することで皆がそのスポーツイベントの内容を追いかけやすくなり、盛り上がりがより可視化されるためだ。

 そこでTwitterは、絵文字を組み合わせた特別な仕組みを導入し、活性化を図っている。

 例えば、スタートまで1年を切った東京2020オリンピックについてならば、「#あと1年」「#ミライトワ」「#ソメイティ」といったハッシュタグを入力してつぶやくと、ハッシュタグの後ろにその内容を示す「カスタム絵文字」が表示されるようになっている。

 こうした機能をTwitterは「ハッシュフラッグ」と名付けられている。スポーツイベント専用の機能ではなく、様々なイベントに合わせて設定されているのだが、広告連動型のハッシュタグであり、特にスポーツイベントとは相性がいい。過去にはワールドカップでも活用されており、オリンピックでも同様に使われていくだろう。

関連記事

トピックス

ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
ユニクロの対応から考える「ロシアに進出する外資企業」の身の振り方
ユニクロの対応から考える「ロシアに進出する外資企業」の身の振り方
マネーポストWEB