国内

海賊版サイト 被害を訴える漫画家が少なかった理由

海賊版に悩みながら被害を訴えづらかった(イメージ)

海賊版に悩みながら被害を訴えづらかった(イメージ)

 海賊版サイトの問題、とくに漫画をめぐる問題は、作品を勝手に掲載されている漫画家が、声をあげづらい雰囲気があると言われる。被害者なのは間違いないのに、なぜ、萎縮して過ごさねばならないのか。ライターの森鷹久氏が、身動きが取りづらいと嘆く漫画家が置かれている状況などについてレポートする。

 * * *
「ハッとしました。私の漫画のファンではなかったのか、私の作品を愛してくれていたのではないのか。体中の力が抜け、涙が溢れた。私のやっていることは何なのだろうと」

 絶対匿名を条件に筆者の取材に応えてくれたのは、漫画家の田宮サトシさん(仮名)。漫画誌の連載経験もあり、単行本も発売されている。十代から十数年、漫画家のアシスタントなどを務め、やっと掴んだ「漫画家」の夢。そんな彼の思いを打ち砕いたのは、とあるネット上の書き込みだった。

「私の作品の登場人物をSNSのアイコンにしているユーザーが“漫画村復活を望む”と書き込んでいたのです。たったそれだけ、そう思われるかもしれません。でも、作品もキャラクターも、私にとっては子供みたいなもの。その子供を愛してくれているはずの人が、そうした考えだったのかと」(田宮さん)

 日本中の漫画作品を、著作権者に無断でネット上にアップロードしていたとして「漫画村」の実質的管理人と見られる男がフィリピン当局に拘束された。被害額は3000億円規模とも言われているが、漫画村の閉鎖に関して、ネット上ではにわかに信じがたいような書き込みが散見されたのを、筆者も確認している。

「漫画なんかタダで読ませろ、出版社からギャラが出ているだろう、そうした書き込みが少なくない数ありました。漫画村の復活を望む人たちの声です。彼らは、法律を知らない小中学生かもしれない。著作権云々を彼らに説いても無駄かもしれない。でもそれは、作品だけでなく、クリエイターそのものを殺す行為なのだと、何とか理解して欲しかったのです」

 何度も繰り返されている説明だが、漫画家は、皆が思っているほど高給取りではない。雑誌連載の原稿料に、単行本を出版してその売上げを得て、ようやく仕事だと胸が張れる。デジタル化がすすんでいるとはいえ、漫画を描くのは時間も技術も必要な作業だ。その結果、生まれた漫画が一人でも多くの人に親しまれるようにと、最近は漫画家みずからがネットで自著の宣伝をすることも珍しくない。

「多くの人に読まれたい」というのは、漫画家や作家が抱く当たり前の感覚だろう。時には「タダでもいいから読んでほしい」と思うことだってあるかもしれない。筆者の原稿ですらそうだ。しかし、筆者の取材などとは比べ物にならないほどの労力をかけて生み出された作品について「タダで読ませろ」と言われてしまったら、心が折れてしまうのも痛いほどわかるつもりだ。しかし、こうした声、当たり前の権利を主張する声は、特に漫画村をめぐる騒動においては、なぜかネット全体に広がっているとは言いづらい状況にある。

関連キーワード

関連記事

トピックス

元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
伊勢ヶ濱部屋に転籍した元白鵬の宮城野親方
元・白鵬の宮城野部屋を伊勢ヶ濱部屋が“吸収”で何が起きる? 二子山部屋の元おかみ・藤田紀子さんが語る「ちゃんこ」「力士が寝る場所」の意外な変化
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン