• TOP
  • ライフ
  • 司馬遼太郎が終生畏敬の念を抱いた池田末男少将の人生

ライフ

2019.08.14 07:00  週刊ポスト

司馬遼太郎が終生畏敬の念を抱いた池田末男少将の人生

 そうした状況のなか、池田少将は友軍を救うため自ら戦車に乗り込み敵陣に突入。激闘の末、戦死を遂げる。後に国民的作家となる司馬遼太郎は、学徒出陣した際、四平戦車学校で池田少将の教えを受けていた。

〈君たちは学問で社会に尽くすべき身でありながら、この北辺の地まで来て大変ご苦労である〉という池田少将の訓話と戦いぶりに、司馬は終生、畏敬の念を抱いていたという。

国境を超えて畏怖された日本軍人

※週刊ポスト2019年8月16・23日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス