芸能

スノスト同時デビュー発表に複雑なジャニーズJr.ファンの心理

2組同時デビューにファンの心境は?

 8月8日、東京ドームで開催されたライブ『ジャニーズJr8・8祭り~東京ドームから始まる~』において、ジャニーズJr.の人気グループ「SixTONES(ストーンズ)」と」「Snow Man(スノーマン)」が、2020年に同時CDデビューすることが発表された。とくに下積み時代が長かった「スノスト」の同時デビューとあって、会場ではファンの絶叫や、むせび泣く声も響き渡った。

 もちろんこれは、ファンにとって嬉しい悲鳴であることに間違いない。しかし、その一方でファン心理というものは複雑だ。たとえばSnow Manのメンバーを長年応援してきたという女性・Aさん(20代)は、デビュー発表によって“燃え尽き”状態に陥っているという。その理由についてこう語る。

「ジャニーズJr.のファンは、嵐や関ジャニ∞などのデビュー組のファンとはちょっとタイプが違うんです。Jr.はコンサート会場のキャパも小さかったり、収録の出待ちで直接会えたりと、アイドルとファンの距離が近い。ファンレターを出し続ければメンバーに認知されることもあるくらいです。

 私自身、彼らのデビューを目標に長年応援してきました。しかし実際デビューが決まったら嬉しい反面、目標を喪失したよう気分です。距離が遠くなるというだけじゃなくて、CDデビューする2020年までの半年間、どんな気持ちで応援すれば良いのだろうと心の整理がつかない状況です」

 ファンの心配は“燃え尽き”だけではない。デビューによってますます“お布施”の額が増えることを懸念するファンもいる。SixTONESのメンバーを長年応援しているという女性・Bさん(40代)は、今回の同時デビューによってCDの売り上げ合戦が熾烈化することを危惧している。

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン