ライフ

婚活の歴史、各時代の記録や女性誌で探る【井上章一氏書評】

『日本婚活思想史序説 戦後日本の「幸せになりたい」』/佐藤信・著

【書評】『日本婚活思想史序説 戦後日本の「幸せになりたい」』/佐藤信・著/東洋経済新報社/1800円+税
【評者】井上章一(国際日本文化研究センター教授)

 二十一世紀にはいり、「婚活」という言葉が浮上した。相手を見つける営みが、就職活動になぞらえられている。「氷河期」とさえ評された時期の「就活」に。それは、パートナーさがしがむずかしくなっていった時代相をうつしだす言葉でもあった。

 同じころに、相手を斡旋する電脳媒体も、活動を開始する。この仕掛けは、結婚へといたる営みに劇的な変化をもたらした。それまでは、自分の身辺、目がとどく範囲で、候補者を見つくろっていたのである。仲人を買ってでる人たちの視野からはなれた人物は、うかびにくかった。だが、電脳社会はその範囲を、圧倒的ないきおいでひろげることになる。

 自分の条件にあう人物は、どこにいるのか。少なからぬ独身者は、その情報探索に、ネットの海へのりだした。膨大な数の釣書きを、読みくらべるようになる。この事態は、婚活をマーケティング・リサーチめいた色合にそめていった。よりよい条件をもとめる男女は、選り好みの度を強め、ますます縁遠くなっていく。

 若い世代が結婚しづらくなれば、必然的に子どもの出生数も低下する。ことは、国家の存亡にかかわる。自治体も国も、しだいにこの問題へ目をむけだした。私生活への政治介入もやむなしという構えさえ、見せるようになっている。婚外子の扱いまでふくめ。

関連記事

トピックス

石破茂元幹事長が語った(時事通信フォト)
石破茂氏、自民の旧統一教会問題に提起「党として関係断つなら、教団解散を検討すべき」
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
巨人・坂本勇人の女性スキャンダル 報じない新聞・テレビは「SNS全盛時代に通用しない」と疑問の声
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
50億円詐欺被害のオウケイウェイヴ前社長を直撃 民事と刑事で起こした訴訟の行方は
50億円詐欺被害のオウケイウェイヴ前社長を直撃 民事と刑事で起こした訴訟の行方は
NEWSポストセブン
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
現在9勝と苦戦している巨人のエース・菅野智之
巨人OB・広岡達朗氏が苦言「10勝もできない菅野のどこがエースだ」
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト