スポーツ

ワイド馬券 馬連や馬単でスランプに陥った時や穴党にも

あえて「ワイド」で勝負してみる手も

 平成3(1991)年に馬連の発売が始まって高配当が続出、多くのファンはさらなる高配当が見込める馬番連勝単式馬券、つまり「馬単」の導入を期待していた。競馬歴40年のライター・東田和美氏が、ワイド勝負の醍醐味についてお届けする。

 * * *
 中央競馬で「馬単」の発売が始まったのは、馬連の発売が始まってから10年以上も後。この新馬券が最初に導入されたのは平成8年の大井競馬。昭和61(1986)年、日本で初めてのナイター競走を開催、新しいファンを獲得してきた地方競馬の雄である。

 大井では馬単より先に三連複の導入を目指していたが、当時の農水省から「いたずらに射幸心をあおる」という反応を受けた。馬連で20万円以上の配当が出てもなお(出てしまったから?)、「射幸心」は強い抑制力を持っていたのだ。ワンツーを当てるのは馬連と同じだからか、馬単スタート当時の大井でも、高配当が出ることをあからさまにPRするのではなく、「ハラハラ、ドキドキ、スリリング」という中途半端なキャッチフレーズだった。

 平成9(1997)年、中央競馬の売上は4兆円に達するが、すでに都市銀行や大手証券会社が破綻するなど、景気下降は避けられない社会状況。翌10(1998)年には売上を2000億円近く減らし、以後10年以上は前年比マイナスとなる。そんな中、平成11(1999)年秋に導入されたのが拡大連複、つまりワイドだった。配当こそ少なくなるが、1着3着、2着3着でも“的中”ということで、より幅広い層のファン獲得を目指したのだろう。

 この呼称を共同で募集した大井ではすでに春からスタートしており、ファンは比較的スムーズに入ることができたようだ。大井ではこのワイドも馬単以前の導入を考えていたが、やはり農水省から「勝っていないのに(2着3着なのに)払戻があるのはおかしいのではないか」という反応で先延ばしになっていた。新馬券の導入、すんなりとはいかない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

2019年、ゴールデングラブ賞を受賞した日本ハムの西川遥輝選手(時事通信フォト)
イケメンで人気の楽天・西川遥輝選手、日ハム時代に結婚していたけど発表しない理由
NEWSポストセブン
木本は沈痛
TKO木本武宏がアルバイトしながら債権回収に奔走する一方、不動産投資話の首謀者が行方不明に
女性セブン
厳戒態勢の中でもしめやかに(撮影/JMPA)
安倍元首相の国葬、厳戒態勢の中でもしめやかに 佳子さま、岸田首相ほか悼む人々
女性セブン
昭恵夫人(写真/JMPA)
誤算続きの安倍氏国葬 4割が招待辞退、国会議員6割欠席、費用はエリザベス女王国葬以上
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
小室佳代さんのトラブルは眞子さんに影響するか
小室佳代さん、元恋人に1600万円返金要求のトラブル “眞子さんの後ろ盾”の影響は
女性セブン
神戸山口組の井上邦雄組長(時事通信フォト)
劣勢の神戸山口組、かつて決別した組織との“反六代目”三派同盟を画策
週刊ポスト
3年夏の決勝に敗れた後、対戦相手の秀岳館・川端健斗選手(右)と記念撮影。2人は一緒に花火大会に行く仲(写真提供/川端健斗)
ヤクルト・村上宗隆を深く知る3人の証言 「プロ入り前夜」と「新人時代の頑固さ」
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン