ライフ

柔らかい組織にできる軟部肉腫、放置して命を脅かすケースも

そのしこり、大丈夫?

 春先に妻と温泉旅行に出かけたAさん(68)。久しぶりに広い浴槽で体を伸ばし、日頃の疲れを癒やそうと浴槽の中で脚をマッサージしていたところ、内ももに違和感があった。

「皮膚の中に何か硬いコリコリしたものがあったんです。大きさは直径2cmくらいでしょうか。押したりつまんだりしても痛みがないので、ちょっとしたできものだと思い放置してしまいましたが……すぐ医者にかかればよかったと後悔しています」

 年齢を重ねるにつれ、体のあちこちに出現する「しこり」。Aさんのように脚に現われることもあれば、腕や肩、胸や背中のほか、首筋や鼠径部(太ももの付け根)など、全身のあらゆる場所に現われる。

 その中には大きめの「できもの」と思うようなものもあれば、赤く腫れ痛みを伴うもの、触れば皮膚とともに動くものもあれば、奥深くに埋まって動かないものもある。臭いを放つタイプもある。中には時間が経つうちに数が増えたり、大きくなるものもある。逆にいつの間にか小さくなったり、消えてしまったりもする。

 Aさんのしこりは、少しずつ大きくなっていき、5cmほどになったところで病院を受診することにした。医師が診察した結果、軟部肉腫と告げられた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン