スポーツ

伝説の池田高校「やまびこ打線」 エースは今も野球に携わる

強烈なインパクトを残した元・池田高校の畠山準さん

 令和初の大会となった夏の甲子園は大阪の履正社が制したが、かつて甲子園を盛り上げた夏のヒーローは今、何をしているのか。(文中敬称略)

 夏の甲子園大会で革命が起こったと言われるのが、昭和57年(1982年)の池田高校だ。それまでの3年間、高校野球は早実の荒木大輔を中心に回っていたが、その早実を準々決勝で14対2と粉砕。そして決勝は機動力を駆使した高校野球の模範といえる名門・広島商業を、それまでの高校野球の常識を覆すかのようなホームラン攻勢で12対2と圧倒。名将・蔦文也監督率いる破壊力抜群の「やまびこ打線」は、高校野球新時代の到来を高らかに告げた。このチームのエースが畠山準(55)だ。畠山が当時を振り返る。

「僕らのチームは、足が遅いしバントは下手だったから、打つしかなかったって感じです。甲子園では決勝までピッチングもダメ、4番なのに僕だけホームランが出てなくて、ずっとモヤモヤした感じだったんですが、決勝で打ててちょっとスッキリしましたね」

 畠山は大会屈指の好投手の触れ込みで大会に乗り込んだが、失点を重ね、思うようなピッチングができなかった。それでも145キロ超のストレートの威力は度肝を抜いた。

「練習で200、300球は平気で投げていましたから。実戦形式のフリーバッティングで僕と金太(水野雄仁・元巨人)でガンガン投げてました」

関連キーワード

関連記事

トピックス

千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
冠番組6本の千鳥、ゴールデン3本はフジ「実力だけじゃない」その理由
NEWSポストセブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
●1999年 女性セブン特写
上島竜兵さん「トークが上手くなったら終わり」リアクション芸人が残した名言
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
渋谷で行われたロシアによるウクライナ侵攻に抗議するパレードで、戦争反対を訴えるロシア人女性。数千人のさまざまな国籍や年代の人が参加した(時事通信フォト)
ロシアや東欧出身の女性たちが日本で「理不尽」に直面することが増えている
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン