• TOP
  • ビジネス
  • レンタル業界が反転攻勢 TSUTAYAとGEOがR18動画配信参入

ビジネス

2019.08.28 11:00  週刊ポスト

レンタル業界が反転攻勢 TSUTAYAとGEOがR18動画配信参入

 前出・小山氏がいう。

「海外の違法動画サイトは、たとえ無料でもフィッシング被害に遭うリスクなどがあるし、英単語による検索が必要になることもある。中高年層を中心に、“タダじゃなくてもいいから、安心してアダルト動画を楽しみたい”“自分の見たい作品を選びやすいほうがいい”という意識が広がっている。TSUTAYAやGEOの参入はそうしたニーズに応えようとするものといえるでしょう」

◆実物も借りられる

 もちろん、先行してサービスを提供する国内の動画配信サイトは他にもあり、実店舗を軸にビジネス展開していたTSUTAYAやGEOが出遅れている感は否めない。ただ、巻き返しを図るために、既存の動画サイトにはない強みを活かした特典を打ち出している。「TSUTAYA R18」でいえば、レンタルビデオチェーンにしかできない「リアル店舗との連動」だ。

 例えば「定額レンタル8」と「動画見放題」のプランをセットにすれば、「TSUTAYA R18」が視聴でき、かつ月8枚までDVDを借りることができる(月額2417円)。

「このプランでは実際に店舗まで行かなくても、ネット上で『定額リスト』に見たい作品を登録しておくと、自宅にDVDを届けてもらえる。見終わったら郵送で返却し、そうするとリストから次のDVDが送られてくる。実は、デジタル化されていないAV作品は意外と多い。手軽な配信動画を楽しみながら、“懐かしい昔の作品も見たい”というオールドファンに向いていると思います」(AVに詳しいライターの尾谷幸憲氏)

 また、「TSUTAYA R18」では月額1000円の見放題プランに加入すると毎月1080円分の「動画ポイント」が還元される。

関連記事

トピックス