• TOP
  • ビジネス
  • レンタル業界が反転攻勢 TSUTAYAとGEOがR18動画配信参入

ビジネス

2019.08.28 11:00  週刊ポスト

レンタル業界が反転攻勢 TSUTAYAとGEOがR18動画配信参入

「サイト内での動画購入にだけ使えるポイントですが、定額プランでは視聴できない一般映画などの視聴に使用できる。1本あたり500ポイントほどで視聴できるので、毎月2本の新作映画を“サービス”で視聴できることになります」(尾谷氏)

 初回の30日間は無料体験できるので、作品のラインアップや使い勝手を確認した上で、実際に料金を払うかを決められる。一方、ゲオTVでも、初めて利用する人向けにさまざまな特典が用意されている。動画サイトに詳しいライターの安田秀夫氏が解説する。

「新規会員登録した時の“無料お試し期間”は14日間ですが、お試し期間にもかかわらず、一般映画作品などの単品レンタルで使える1000円相当の『新作無料クーポン』がもらえます。お試し期間が終わった後も、継続利用すれば3か月連続で毎月1000円分の新作無料クーポンがもらえます」

 レンタルビデオ店の動画配信サービスはいずれも後発のため、新規の利用者に対して“お得感”を出そうとしていることが窺える。

◆妻バレが回避できる

 支払いに際しては、広く知られた実店舗が存在することによる利点もある。

「アダルト動画サイトを見ている時にはバレなくても、後でクレジットカード支払いの利用明細を妻に見られないかが心配。その点、ゲオTVは『ゲオオンライン ゲオティービー』の名称で請求が来るから普通の映画作品をネットで見ているのだと説明することができるんです」(50代男性)

関連記事

トピックス