• TOP
  • スポーツ
  • 「憧れのゲーム」にも登場、次々夢を叶える八村塁の挫折体験

スポーツ

2019.09.06 07:00  NEWSポストセブン

「憧れのゲーム」にも登場、次々夢を叶える八村塁の挫折体験

『NBA2K20』の発表イベント後、インタビューに応じた八村塁

 中国で開催されているFIBAバスケットボールW杯では、残念ながら一時リーグ敗退となった日本代表のエース・八村塁(ワシントン・ウィザーズ)。10月に開幕するNBAでロースター入りが期待されているが、ゲームの世界では一足早く「夢の舞台」に立つことになった。6日発売のNBA公認のバスケットボールゲーム『NBA 2K20』に、八村自身がキャラクターとして登場する。

 同ゲームの日本オフィシャルアンバサダーに就任した八村は、8月15日に行なわれた就任発表イベントで、「(日本人初の1巡目指名で)ドラフトされた時と同じぐらい嬉しい」と笑顔でコメントした。

『NBA 2K』は、1999年に発売され、全世界で累計9000万本を売り上げている人気シリーズ。新旧含めたNBA選手が登録されている今回の新作には、レブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)やステフィン・カリー(ゴールデンステート・ウォーリアーズ)といったリーグトップクラスのスター選手に混じって、今季ウィザーズに加入した八村自身も登場する。

 発表イベントで八村は「バスケを始めた頃からやっていたゲーム。キャラクターになれたらいいなと思っていた」と満面の笑みで語った。その場で初公開されたゲーム内に登場する八村の動画では、6月に契約したばかりの「エア・ジョーダン」のシューズはもちろん、シュートフォームやガッツポーズの動作まで忠実に再現。その精度を目にした八村も「不思議な感じがする」という驚くほどだった。

発表イベントでは、『NBA 2K20』に登場する自身を見て満面の笑み

 次々と「夢」を現実のものにしていく八村だが、発表イベント後のインタビューでは、成功に至るまでの“挫折体験”について問われ、こう振り返った。

「これまでW杯(年代別の世界選手権)に行ったり、アジア大会に行ったり、ジョーダンブランドクラシック(世界のトップ高校生が集うエキシビションマッチ)に行ったり、NBAキャンプに行ったりしてきました。そういう場に出場すると(世界に比べて自分は)まだまだ足りないなと感じ、もっと練習を頑張ろうと励みになった。世界はすごいなと実感して、(自分はまだ)ダメだなと思ったことは何回もあります」

 5年前、U-17日本代表として迎えたアメリカとの対戦では八村1人で25点を叩き出す奮闘を見せたが、試合は38対122と大敗。ただ、八村はこの大会で得点王となったことで米NCAAの強豪校からオファーがかかるようになる。

 その年末のウィンターカップで、2年生ながら明成高校(宮城)の中心選手として2連覇を果たす頃には「夢はNBAプレーヤーになって五輪で日本代表として米国代表を倒すこと」と、現在につながる大きな目標を公言するまでに。八村はアメリカ代表相手に大敗を喫した当時をこう振り返った。

「やっぱりアメリカという世界のトップの国とああいうふうにゲームができるというのはなかなかない機会だったから、すごい対戦を楽しみにしていました。やってみると本当にすごくて、負けて悔しかったんですけれど、言葉では言えないような“得たもの”があった。これからが楽しみだなあと思えてきたのです。今考えると、それが今につながるモチベーションになった」

 2014年のU-17世界選手権で対戦したアメリカ代表の選手のなかには、ジェイソン・テイタム(ボストン・セルティックス)のように、すでにNBAでチームの主力として活躍する選手もいる。そして八村も今年、ついにNBAの大舞台で勝負するチャンスを手にした。

「そうですね。僕も彼ら以上のプレーヤーになれると信じてやってきた。(対戦が)楽しみです」

『NBA 2K20』の発表イベントでは日本の中学生とゲームで対戦。中学生が選択したウィザーズの初期設定では八村はベンチメンバー。「俺スタメンじゃないの!?」とおどけてみせた八村だったが、10月のプレシーズンゲームで実力を発揮し、同23日(現地、日本時間24日)の開幕戦(対ダラス・マーベリックス)では念願のスタメン入りを果たせるか──。

■撮影/村上タケシ

関連記事

トピックス