グラビア

和地つかさ、園都、階戸瑠李、夏本あさみ 勝負下着を語る

 国内下着メーカーの長年の調査によると、1980年代に半数以上を占めてトップだったAカップを、1992年にBカップが上回り、2008年以降はCカップが継続してトップとなっている。

 これに伴い、女性の下着に対する意識も常に変化し続けているが、とりわけ美の意識が高いグラドルたちは、下着に対してどのようなこだわりを持っているのか? 『全裸監督』(Netflix)の出演女優・階戸瑠李の勝負下着は「深紅」だという。

『全裸監督』に出演中の階戸瑠李

「実は私、本当の意味で“コレ!”って勝負下着は持ってないんです(笑い)。普段もシームレスだったり、透けないようなベージュだったり地味な下着ばかりですね。今回着たのは以前、舞台で下着姿になるシーンで監督から赤い下着を着用するように言われて購入したもの。しっかり胸をホールドしてくれるので谷間が綺麗に見えるし、刺繍も華やかなので選びました。

 私にとって勝負は“お仕事”に挑む時です。舞台の仕事の時は必ず赤い下着を着ていきます。先日、出演させていただいたドラマ『全裸監督』の時は地味なベージュでした(笑い)。映像作品の現場では衣装に響かない色が好ましいからですが、気分は“赤”でしたね」

元アイドルの勝負カラーは白

 元アイドルの夏本あさみは、清純な「白」が勝負カラーだという。

「普段から薄い色の下着を着ることが多いのですが、やっぱり勝負下着は『白』を選びます。アイドルグループ出身なので、清純なイメージや可愛らしさをアピールしたい。それにグラビアでスカートから白いパンツがチラッと見えている写真って何かエッチだなと思うので、男の人も喜んでくれるんじゃないかな~って考えちゃいますね(笑い)。

 ですが、もっと大人になって色気が出てきたら、赤や黒みたいなセクシーな色の下着に挑戦してみたいですね」

関連記事

トピックス

食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
当初「牛宮城」に反対していたという高橋社長(写真/小倉雄一郎)
人気YouTuberの“仕掛け人”Guild高橋将一代表 宮迫博之の復活プロデュース秘話「牛宮城はガチ」
NEWSポストセブン
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
ニューヨークの街を歩く小室夫妻
小室圭さん眞子さんの結婚に反対 参院選出馬の皇室系YouTuberに賛同する人たち
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さまの部活動で懸念される小室圭さん「警備費用」蒸し返し問題
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
高須院長
高須克弥氏が語る最新美容医療「いかに気づかれず自然に変われるかが求められる」
女性セブン
代役をハマり役に変えた(時事通信フォト)
川口春奈の凛とした魅力 賛否両論渦巻く『ちむどんどん』で一服の清涼剤に
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン