• TOP
  • ライフ
  • 村上春樹編訳・米短編の名手の晩年の風景【与那原恵氏書評】

ライフ

2019.09.07 07:00  週刊ポスト

村上春樹編訳・米短編の名手の晩年の風景【与那原恵氏書評】

『ある作家の夕刻 フィッツジェラルド後期作品集』/村上春樹・編訳

【書評】『ある作家の夕刻 フィッツジェラルド後期作品集』/村上春樹・編訳/中央公論新社/1700円+税
【評者】与那原恵(ノンフィクションライター)

 スコット・フィッツジェラルドがその生涯に発表した長編小説は四冊で、『グレート・ギャツビー』(一九二五年)は三作目だった。二十八歳にして代表作を刊行したが、売れ行きは芳しくなく、アメリカ文学を代表する作品と位置付けられるのは没後である。

 二〇〇六年に村上春樹訳『グレート・ギャツビー』が出て、光や闇や色彩描写の見事さ、人物造型、言葉の一つひとつに魅せられた。

 フィッツジェラルドは、一九二〇年代の狂騒の時代に登場し、妻のゼルダとともに華々しいエピソードをふりまいた。だが二九年の世界大恐慌と同時期、フィッツジェラルドの実生活の勢いもしぼんでいった。三〇年代になると、ゼルダが精神を病み、彼は酒におぼれ、執筆もはかどらなくなった。

 それでもフィッツジェラルドは、多くの短編を執筆し、長編(完成をみなかった『ラスト・タイクーン』)にも取り組んだ。そして四〇年、四十四歳で世を去ってしまう。本書は、「晩年」にあたる時期の作品を村上が編訳した一冊だ。

関連記事

トピックス