村上春樹(むらかみはるき)

村上春樹のプロフィール

年齢:75歳
生年月日:1949年01月12日
趣味・特技:ランニング
出身地:兵庫県

早稲田大学第一文学部在学中にジャズ喫茶を開き、卒業後、1979年に処女作『風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞しデビュー。『羊をめぐる冒険』で野間文芸新人賞、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』で谷崎潤一郎賞を受賞し、1987年『ノルウェイの森』は世界的に大ヒットを記録し、人気を不動のものとした。その後も『ねじまき鳥クロニクル』、『海辺のカフカ』、『アフターダーク』、『1Q84』など数多くの名著を世に送り出し、長編小説のほかにも短編小説集やエッセイ集、紀行文など多数。ほかにスコット・フィッツジェラルド、レイモンド・カーヴァーといった海外作家作品の翻訳も手掛ける。また、フランツ・カフカ賞や、エルサレム賞、カタルーニャ国際賞など海外の文学賞も多数受賞。一方、ノーベル文学賞の有力候補として毎年名前があがり注目されるが、受賞を逃している。公の場に滅多に姿を現さないことでも有名。日課はランニング。

最終更新日:2022年11月29日

村上春樹の最新ニュース

瀬戸内寂聴さん
瀬戸内寂聴さんの実話に基づいた小説『J』 85才の尼僧と37才IT企業経営者の赤裸々な恋愛が示すもの
 ひとたび読むと、人に「あなたはどう思った?」と聞かずにはいられなくなる──小説『J』(幻冬舎)には85歳の女性と、37歳の妻子ある男性の赤裸々な恋愛模様が綴られる。しかも「J」とは2021年に99歳で亡くなった…
2023.07.12 23:30
【新刊】村上春樹氏がコロナ禍で書いた待望の長編『街とその不確かな壁』など4冊
【新刊】村上春樹氏がコロナ禍で書いた待望の長編『街とその不確かな壁』など4冊
コロナ禍で書き進められた待望の長編 この“世界”、不思議にしっとり肌になじむ …
2023.04.26 22:30
『スクイズ・プレー』著・ポール・ベンジャミン/訳・田口俊樹
【書評】ポール・オースターの別名義の処女作と村上春樹『羊をめぐる冒険』を巡る偶然
【書評】『スクイズ・プレー』/ポール・ベンジャミン・著 田口俊樹・訳/新潮文庫/880円【評者】大塚英志(まんが原作者) ポール・オースターがミドルネームのポール・ベンジャミン名義で書いたこの処女作が興…
2022.11.07 12:56
入学式の「名スピーチ」集 村上春樹氏、つんく♂、ウルグアイ元大統領の言葉
入学式の「名スピーチ」集 村上春樹氏、つんく♂、ウルグアイ元大統領の言葉
 語りひとつで聴く者の心を奪うのが名スピーチ。若者たちの輝かしい未来の始まりとなる入学式でも、数々の名スピーチが生まれている──。【写真&一覧】熊本大学にある夏目漱石の銅像。他、作家・村上春樹氏の入学…
2022.04.14 15:21
【新刊】ワイドショーが追わなかった“地面師詐欺事件”その後に迫る
【新刊】ワイドショーが追わなかった“地面師詐欺事件”その後に迫る
 暑い夏には、涼しい部屋の中で読書でも楽しみたいところ。この夏に読みたい注目の新刊4冊を紹介します。『保身 積水ハウス、クーデターの深層』藤岡雅/KADOKAWA/2090円 巨額詐欺事件の社外調査報告書を公表す…
2021.07.19 22:19
【大塚英志氏書評】村上春樹は比喩や寓話で歴史を語るな
【大塚英志氏書評】村上春樹は比喩や寓話で歴史を語るな
【書評】『猫を棄てる 父親について語るとき』/村上春樹・著/文藝春秋/1200円+税【評者】大塚英志(まんが原作者) 村上春樹の最新作『一人称単数』は、短編集とはいえ、どこか世間が「社会的距離」でもとっ…
2020.09.28 12:41

トピックス

STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
大谷翔平に“口裏合わせ”懇願で水原一平容疑者への同情論は消滅 それでもくすぶるネットの「大谷批判」の根拠
NEWSポストセブン
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
女性セブン
宗田理先生
《『ぼくらの七日間戦争』宗田理さん95歳死去》10日前、最期のインタビューで語っていたこと「戦争反対」の信念
NEWSポストセブン
焼損遺体遺棄を受けて、栃木県警の捜査一課が捜査を進めている
「両手には結束バンド、顔には粘着テープが……」「電波も届かない山奥」栃木県・全身焼損死体遺棄 第一発見者は「マネキンのようなものが燃えている」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
(写真/時事通信フォト)
大谷翔平はプライベートな通信記録まで捜査当局に調べられたか 水原一平容疑者の“あまりにも罪深い”裏切り行為
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン