スポーツ

ラグビー代表・堀江翔太 「ドレッドヘアはみんな嫌がる」

フッカーの堀江翔太選手(撮影/中村功)

 9月20日に開幕するラグビーワールドカップ。活躍が期待される注目の日本代表選手を紹介。元ラグビー日本代表でTBS系『ノーサイド・ゲーム』で俳優デビューを果たした廣瀬俊朗からの一言も。

◆堀江翔太選手(33才)/フッカー。大阪府出身。180cm 104kg。パナソニック ワイルドナイツ。

 気は優しくて力持ち――それを地で行く堀江翔太選手のトレードマークは、ドレッドヘア。でもこれ、本人のアイディアではなく、奥さんから、“キャラづくりにもなるし、やってみたら”とすすめられたものだった。

「やってみたら、自分でも、意外にいけるんじゃないかと思いはじめて(笑い)。それに、頭でごりごりいくと、相手は、タワシでこすられているように感じるみたいで、みんな嫌がるんですよね」

 パワーも、スピードも、テクニックも、これなら誰にも負けないという突出した武器はないという。でも――いざ試合となったら、どんなプレーヤーにも絶対に負けない。絶対に譲らないし、譲る気もない。その覚悟と自信は、いささかも揺るがない。

「後悔するなら、勇気を出して、やってみてから後悔したい。チームを勝たせるためならなんだってやります。どんなに追い込まれても、どんなに苦しい状況でも、その気持ちだけは忘れずにプレーしたいと思っています」

■廣瀬俊朗の一言
「チームの精神的支柱。チームを引っ張ることもさることながら、彼の個人としてのスキルフルなプレーが見たい」

※女性セブン2019年9月26日・10月3日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
小倉優子が勉強
小倉優子、密着番組リニューアルでも猛勉強継続 早稲田大学以外も受験予定
女性セブン
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン