国内

小泉環境相への「ステーキ批判」はちっともセクシーじゃない

 だからといって、牛の温室効果ガス問題を無視していいとか、そういう話をしたいのではない。あまりに強引なミスリードが土台となり、記事の中身も見ない人々が世論を形成していく。反射神経だけで生きようとすると、この世界はどんどん世知辛くなってしまう。

 余談だが、米国農務省(USDA)によれば、アメリカ人の肉の年間消費量は2018年に過去最多となる1人あたり222.2ポンド(約100.788kg)見込みだったという。ちなみに日本は31.6kg(2016年度)。日本人程度の消費量でも、健康リスクが騒がれるのだから、その3倍量の肉を食べているアメリカ人にとって肉食にまつわる健康問題はとても深刻なものなのだ。

 話を戻そう。『リテラ』の最後の見出し、〈海外メディアもツッコミ〉に至っては、かなりのアクロバティックな見出しである。実は記事を読み込んでみると、海外メディアがツッコミを入れたのは、ステーキとは何の関係もない「セクシー」発言や「中身のない発言」についてのみ。ステーキとはまったくの無関係だし、そもそもメディア上でも一言二言しか言及されていない。

 当たり前だ。たかが異国の新人環境大臣が何を言ったところで、欧米メディアが大々的に取り上げるわけがない。

 なのに、一部の識者がこうした煽りメディアの“報道”を〈気候変動対策を議論する会議に出席する環境大臣が「ステーキを食べる」ことが非難を浴びた〉という導入から〈牛肉の大量生産が、気候変動を促進し、食糧危機をもたらし……〉という持論や、〈NYやイギリスなんかではもう牛肉食べないとかって動き〉という極論へと展開した。堂々と論を語ればいいのに、余計な枕をつけるから偽ブランド品で格好をつけているように見えて、なんとも格好悪い。

 欧米礼賛手法を使わせていただくなら、欧米の菜食主義者には多様な価値観がある。自分たちが食べない牛肉食ひとつとっても、「牛肉禁止はあまりに安易で反射的」「より温室効果ガス輩出の少ない放牧牛を選ぶなど妥協点を見つけるべき」など多様な論がある。

 国内の反応は「国際的な笑いもの」「最悪」など散々だったが、新環境相は「これがニュースになるんだったら、それだけでも日本のなかで環境問題を考えるいいきっかけになる」と言った。負け惜しみ感も強いが、少なくとも煽りメディアの論に乗っかったり、遠くで起きている小さな事実を極大解釈して、弱り目をここぞとばかりに叩くよりは、遥かにセクシーである。

「Sexy」で辞書を引くと「魅力的で刺激的、興味をそそる(口語)」(Oxford English Dictionaryより)という意味もある。使い方はいい。後は中身である。

関連キーワード

関連記事

トピックス