芸能

大衆演劇のスター・大川良太郎 毒舌な客いじりの根底に愛

ストイックな姿勢の大川良太郎

 スターと言えば手が届かない存在だと思いきや、“会いに行けるスター”も大人気となっている。そんなスターの一人が、大衆演劇界きってのマダムキラー・大川良太郎(41才)だ。絢爛豪華な舞台と飾らない人柄で絶大な人気を誇る。大川は大阪を中心に活躍する「劇団九州男(くすお)」の座長だ。

◆日常の憂鬱を吹き飛ばす華やかさを演出したい

 取材当日、500人収容できるホールは満席。観劇後、出てきた女性たちは全員、夢見心地な表情だ。客の見送りに出てきた大川から、

「ちょっとあんた、出待ちするならちゃんと並びなさい」
「勝手に触るんじゃないわよ、あんた図々しいわね」

 といった、ファンへの“毒舌いじり”に、さらに頬を染めていた。

「私は舞台に出ると別人になるんです。普段は超高所恐怖症ですが、舞台では3m以上の高さから吊られても平気。終わった後は、怖くて振り返れないんですが(笑い)」(大川良太郎・以下同)

 別人格になって演じる大川の世界に、観客はたちまち夢中になる。そんな今の舞台を作り上げるきっかけになった出来事があったという。

「30才の時に一度、商業演劇や映画に出させていただきました。外の世界から自分が生きてきた大衆演劇を見てわかったのは、われわれに求められているのは、日常の憂鬱を吹き飛ばす華やかさだということ。それまではストイックに自分の芸を求めていましたが、今は“お客さまファースト”の芸になりました」

 冒頭の、“毒舌いじり”も大川の十八番だが、それもお客さまファーストがゆえ。

「私を毒舌だとおっしゃいますが、そうではありません。根底にあるのはお客さまへの愛です。愛があるから飾らずに発言できる。私の毒舌は愛のささやきなんですよ」

 大川のセクシーな眼光と愛ある毒舌にトキメキのスイッチが入ること間違いなしだ。

 ちなみに、素顔は柔和な笑顔のナイスガイだが、「最近、東京ディズニーランドに行ったのですが、遊ぶよりも演出方法に見入ってしまいました」と芸にはストイックだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン