• TOP
  • 芸能
  • 大衆演劇のスター・大川良太郎 毒舌な客いじりの根底に愛

芸能

2019.10.04 16:00  女性セブン

大衆演劇のスター・大川良太郎 毒舌な客いじりの根底に愛

マダムキラーの流し目で「愛のささやき」

【大川良太郎に「一問一答」】
●趣味
「観劇ですね。ほかの役者さんの舞台を観に行っています」

●休日の過ごし方
「買い物が好きなんです。最近は、好きなTシャツを色違いで購入する“大人買い”をしました(笑い)」

●リフレッシュ方法
「5年ほど前から、1年に1回、10日間くらいの休みを取り、旅行に行っています」

●ファンからもらってうれしいもの
「なんでしょうね…。なんでもうれしいです。お酒をいただくことも多いですね」

●舞台で観てほしいところ
「舞台に上がると、どんな大胆なこともできるようになります。役者の“スイッチ”が入るんですね。スイッチが入った私を感じていただけるとうれしいです」

【プロフィール】
大川良太郎(41才)/1978年生まれ。大阪を中心に活躍する『劇団九州男』座長。7才で初舞台を踏む。『淋しいのはお前だけじゃない』(中村獅童主演)など、一般演劇でも活躍。出演映画に『私の叔父さん』、写真集に『Ryo』(小学館)などがある。

【公演情報】
2019年10月1~29日まで、高槻千鳥劇場(大阪府高槻市高槻町18-5高槻センター街ジョイプラザ2F)にて、12時~と17時~の2回公演を行う。詳細は、劇団九州男の公式サイトをチェック。

撮影/WEST

※女性セブン2019年10月17日号

大人の色香があふれた

関連記事

トピックス