ライフ

帯状疱疹で反応鈍くなった認知症母、対話型アートで目覚ます

対話型アート鑑賞を機に認知症母が活き活きと…

 父の急死によって認知症を患う母(84才)を支える立場となった女性セブンのN記者(55才・女性)が、介護の裏側を綴る。

 * * *
 帯状疱疹を患ってすっかり元気をなくした母。記憶障害が進んで反応も鈍く、傾眠(けいみん)が目立つのが最大の心配となっている。安静にさせておくべきかとも迷ったが、心躍る芸術の秋! 母の好きな絵画鑑賞に連れ出した。

◆ふと見ればウトウト。目に見える母の老い衰え

 認知症のわりに活動的で、意欲も食欲も旺盛だった母は今夏、帯状疱疹を患ったのを境にガラリと様相が変わった。体内でウイルスが大暴れしている時期に元気がないのはわかるが、投薬を続けること1か月、疱疹は治っても、以前の活気が戻らないのだ。

 話しかけても反応が鈍く、何か分厚い殻に包まれているようだ。私の声が届いて理解するまでに時間がかかり、言葉を選んで返すにもタイムラグが。その間に気力が失せて結局、返答なしということもある。

「認知症の人にはシンプルな内容を短い言葉で伝え、答えを急かさない」という対応マニュアルの意味が、ここにきてやっと理解できる。

 そして何より気になるのは日中の居眠りだ。帯状疱疹に気づくきっかけになった異変も、今まで見たことのないデイケア中の居眠りだった。私と話していても、ふとした沈黙で目を閉じる。必ず完食していた食事を、眠気に負けて残してしまうようにもなった。

 普段の母の様子や血液検査結果も把握しているかかりつけ医はこう言う。

「特別な病気で傾眠症状が出ているわけではなさそう。だんだん機能が落ちてくるのはある意味自然なことなのよ」

 わかってはいるけれど得心とまではいかない。自然な老いを大げさに憂えて無理に引き留めてはダメだけど…。複雑な思いを抱えながら、実はかねてから計画していた絵画鑑賞に連れ出すことにした。

◆対話型アート鑑賞で母の分厚い殻に風穴が!

 母と一緒に参加したのは、対話型アート鑑賞会“アートリップ”。認知症の人とその家族、そのほかの芸術好き数人で、1枚の絵をじっくり鑑賞しながら対話する。専門的な評論ではなく、絵を見て思いつくまま、自由におしゃべりする趣向だ。

 最初に鑑賞したのは『眠る羊飼女』(ニコラ・ランクレ作)。18世紀にフランスで描かれたもので、田園風景の中に居眠りする女性とその傍らに立つ男性。知識のない私と母、たぶん参加者全員も、一見して絵の意図は全然わからない。

「この男女、どんな関係でしょう?」と、まずコンダクターのひと声からスタート。

 母はじっと絵を見ながらも無言だった。「しまった!」と私は焦った。思ったことを自由に発言するのは案外、難しいものだが、母には輪をかけて難題だったかも。まさか興味が失せて居眠り…!?

関連キーワード

関連記事

トピックス

海外では
伊東純也「日本代表からは排除」の一方で「フランスでは活躍」 背景にある“推定無罪”の考え方
女性セブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
(写真/AP/AFLO)
《スターの素顔》真田広之「ヒロって呼んで」「それは呼べません」ハリウッド作品『SHOGUN』で大学後輩に見せた厳かな佇まい
NEWSポストセブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
女性セブン
村山興業東京支社長・坂口を演じるメッセンジャーの黒田有(左)とスズ子のマネージャー・山下を演じる近藤芳正
【『ブギウギ』山坂コンビ対談】近藤芳正と黒田有が振り返る「趣里との出会い」「出演オファー」
週刊ポスト
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン
松本潤
【松本潤がプロデューサー】スタート社“お披露目イベント”は東京ドームと京セラドームで開催 基本構成はライブ
女性セブン
司法の判断はいかに
草津町長からの性被害を“でっち上げ”した元女性町議 「肉体関係はなかった」と虚偽発言認めた裁判は4月判決へ
NEWSポストセブン