ライフ

又吉直樹の最近面白かった本、ハマっていることは?

もはや売れっ子作家になった芸人・又吉直樹さん(撮影/政川慎治)

 新作長編『人間』(毎日新聞出版)を上梓した又吉直樹(39才)。その素顔に迫るべく、ベーシックな7つの質問をぶつけた。

──最近読んで面白かった本は?

又吉:ブラックマヨネーズ吉田敬さんの『黒いマヨネーズ』。

──新刊が出たら必ず読む作家は?

又吉:中村文則さんと、西加奈子さん。あと、古井由吉さん、町田康さんですかね。

──好きなテレビ・ラジオ番組は?

又吉:『渡辺篤史の建もの探訪』。むちゃくちゃ好きですね。玄関だけでかなり長い時間、お話されるときもあって、すごいテクニックです。もし渡辺篤史さんが自分の家に来たらここでなんて言うかな、って考えたりもします。

──最近気になるニュースは?

又吉:いっぱいありますね。今、「あおり運転」って言いかけたんですけど、なんか嫌やなあ、むちゃくちゃどまんなかで。自分では運転しないですけど、逆に体験したことがないので、自分は絶対にそうならないか、わからない怖さがありますよね。

──最近ハマっていることは?

又吉:毎日、歩いた歩数を確認すること。スマートフォンに万歩計アプリが入っているのを最近知って、それまで1日2000歩だったのが今7000~8000歩まで増えてます。目標は1日1万歩。

──いちばんリラックスする時間は?

又吉:散歩ですかね。夜中、有名人の家を探して歩いてます。でかい家があったら、誰の家やろなって表札を見ます。

【プロフィール】
◆又吉直樹/1980年大阪府生まれ。お笑いコンビ「ピース」として活動中。2015年、『火花』で芥川賞を受賞。ほかの小説に『劇場』、エッセイに『第2図書係補佐』『東京百景』『夜を乗り越える』、俳人・堀本裕樹と『芸人と俳人』、武田砂鉄と『往復書簡 無目的な思索の応答』の共著などがある。

※女性セブン2019年10月31日号

関連記事

トピックス

三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン