スポーツ

日本シリーズ、低視聴率にはっきり表れるCS制度の弊害

日本シリーズはソフトバンクの4連勝で幕を閉じた(撮影:山崎力夫)

 プロ野球日本シリーズはパ・リーグ2位からクライマックスシリーズ(以下、CS)を勝ち上がったソフトバンクがセ・リーグ優勝の巨人を4連勝と圧倒し、3年連続で日本一になった。ソフトバンクの強さと巨人の脆さが目立ったシリーズは視聴率が奮わず、初戦8.4%、2戦目7.3%、3戦目9.7%と低迷し、日本一の決まった第4戦でさえ11.8%しか取れなかった(いずれも、ビデオリサーチ調べ/関東地区。以下同)。テレビ局関係者が話す。

「1、2戦の同時間帯の裏番組でラグビーW杯が放送されていた影響はあるでしょう。出鼻を挫かれたため、最後まで伸びなかった印象。ただ、それだけでもないと思います。やはり、CS制度が出来てから、リーグ2位のチームが出場できる違和感に、視聴者が敏感になっている面もあるのではないでしょうか」(以下同)

 パ・リーグは2004年から、セ・リーグは2007年から現在のようなポストシーズン制度が始まった。現行では143試合のシーズンで3位以内に入り、最大9試合のCSを勝ち上がれば、日本シリーズに進出できる。その7試合で4勝すれば日本一になれるのだ。

 2007年以降、シーズンで優勝できなかったチームが日本シリーズに進出したのは2007年、2010年、2014年、2017年、2018年、2019年の6回。実は、これらのシリーズはいずれも視聴率1ケタの試合を記録してしまっている。

「シーズン2位の中日とシーズン1位の日本ハムが対戦した2007年、日本シリーズのナイター中継が始まった1994年以降で初めて視聴率1ケタを記録してしまった。山井・岩瀬の完全試合リレーで中日が53年ぶりの日本一を達成した最終戦も12.7%と伸びませんでした。当時はまだ“巨人信仰”が残っている時代でしたし、北海道の日本ハムと名古屋の中日だから関東地区で視聴率が伸びなくても仕方ないと思われていた。でも改めて今考えてみると、シーズン2位の中日が日本一になる違和感がどこかにあったのかもしれません。

 1位同士が対戦した翌2008年の巨人対西武は最終戦で28.2%を記録。直近の1位同士対決である2016年の広島対日本ハムも最終戦で25.1%を取っています」

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン