ライフ

まるで大学のキャンパス!? 若人で賑わう旧伊勢街道沿いの角打ち

三重大学の学生たちで連日賑わう店内は若さがはじけている

 三重県津市の『中村酒店』は、江戸時代に大流行したお伊勢参り・おかげ参りで伊勢神宮を目指し、多くの人々が歩いた旧伊勢街道沿いにある。

 店の両サイドの白い外壁に赤いネオンの“酒”の字が浮かび上がるその店内は、これまで楽しい時間を過ごさせてくれた全国各地の角打ちのできる酒屋さんとはかなり雰囲気が違っていた。こちらを圧倒するような若さがはじけ、渦巻いているのだ。

「店のすぐ近くに三重大学がありましてね。常連になってくれているお客のほとんどがそこで学ぶ学生(もちろん、全員が20歳以上)の皆さんか、同大学の教員の方や職員の方たちなんですよ」と、楽しそうにその謎を解き明かしてくれたのは、3代目の中村勝彦(62歳)さんと雅代夫人。

 なぜこれほど学生に人気があるのかと聞いてみると、「私の魅力でしょ」と、夫人が冗談めかしてさらりと言う。これを受けて周りの学生たちがドッと歓声を上げる、どこまでも家族的であり、プチ学生街の名物店的オーラも振りまいている。

「うちの大学って、三重出身者が3割ぐらいで、大半は全国から集まってきているんですよ。だから、ここが我が家みたいになるのは自然の摂理でしょうね。ご主人夫妻を、お父さんお母さんだと思ってる連中ばっかりで、悔しいけど独り占めは無理だなあ」(教育学部3年生)

「三重大生の聖地的な店なんで、入学したときから憧れていました。二十歳(はたち)を過ぎて先輩に連れてこられたとき、あっ、三重にも自分の父ちゃん母ちゃんがいると思いましたよ。いまでは、ここで生まれたんじゃないかと本気で思ってるくらいで、居心地最高なんです。」(人文学部2年生)
 
 こんな仲間たちの意見を冷やかすように、「ここって、うちのキャンパス内だと思っている人は自分も含めて多いんじゃないの(笑い)?ここで飲む角打ちカリキュラムなんてあっていいよね。ぜひ作ってもらいたい。これかなり本気なんですけど」(医学部6年生)、なんて言う学生もいた。

 中村さんは目を細めながら、「飲みに来てくれる学生さんはみんな我が子同然なんで、名前はもちろん性格も彼女彼氏の存在なども、ほとんど知ってます。そんなみんなが今日はいい酒が飲めたなあ、友達とゆっくり話ができてよかったと、満足感を持って帰ってもらえるような店にといつも考えているんですよ。でも、飲み過ぎている子には、明日授業あるんだろ。自主休講なんてしちゃいかんよとか、注意したりもしますよ」と話す。

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン