ライフ

胸部X線は早期の肺がんを見つけづらい どんな検査が有効か

胸部X線は本当に有効なのか(時事通信フォト)

 健康診断の項目に必ず入っている胸部X線検査(レントゲン)。肺に起きた異常を写し出す検査だが、実は日本人男性の死亡数第1位である「肺がん」を見付けるのは難しいという。NPO法人医療ガバナンス研究所理事長の上昌広医師が解説する。

「早期の肺がんは1~2センチ程度なのですが、X線写真は解像度が低いため、その大きさのがんを発見できない。見つけられる大きさになったものは多くの場合、ステージIII~IVに進行してしまっている。また、心臓や肋骨と重なった部分のがんを見付けられないケースも多い」

 それにもかかわらず健康診断に組み込まれている理由について、ナビタスクリニック川崎の谷本哲也医師が解説する。

「胸部X線検査はもともと、蔓延した結核への対策として健康診断に戦後導入されたもの。もちろん肺がんが見付かることはありますが、世界的に見ても『がん検診で胸部X線検査は用いない』というのが常識になりつつある」

 では、代わりにどんな検査を受ければよいのか。上医師が話す。

「『低線量CT』を受けるのがいいでしょう。通常のCTは放射線被ばくが大きいですが、低線量CTはその10分の1で済む。費用は自己負担なので医療機関によって異なりますが、5000~1万円程度です。2次元の写真として肺を写し出す胸部X線検査と異なり、CTは人体を輪切り状にした3次元で写し出すため、他の臓器に隠れたがんも見つけ出すことができる。また、画質が高いため、小さな早期がんでも発見しやすい。

 この検査を受けたほうがいいのは、50代以上で喫煙習慣のある人やがん家系の人などハイリスクな人たちです」

※週刊ポスト2019年11月8・15日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
いじめ報道に苦しみ1年間、極秘通院していた
泉ピン子、えなりかずきと事実上和解か いじめ報道に“本当はつらかった”と漏らす
女性セブン
原監督もかつて女性問題を巡って…(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題に甘い巨人 過去の“原監督1億円事件”への再注目を避けたい側面も
週刊ポスト
茂木敏充・幹事長の対応が原因?(時事通信フォト)
「言ったよね?」茂木敏充・自民党幹事長に激昂された党職員、その日を境に職務を外され異動
週刊ポスト
2008年に退任した岡田氏が、再び阪神の監督に就任すると報じられた(時事通信フォト)
岡田彰布氏が阪神の新監督へ 球団首脳が一致と報じられた「平田勝男二軍監督の昇格案」はいかに消えたのか
NEWSポストセブン
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
ファンは勝利を望んでいる(時事通信フォト)
2年連続シーズン負け越しの巨人 原辰徳監督と坂本勇人に「責任を取るべき」の指摘が
NEWSポストセブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン