• TOP
  • ライフ
  • 震度6弱以上で1万円がLINE Payで受け取れる500円保険

ライフ

2019.11.01 16:00  女性セブン

震度6弱以上で1万円がLINE Payで受け取れる500円保険

地震は怖いけど地震保険は高いというときに(イラスト/亀川秀樹)

 最近、「コンサートに行けなかった」、「旅行先が雨だった」、などといった、ピンポイントな“困った”をカバーするミニ保険(少額短期保険)が人気となっている。こういったミニ保険は、ニッチな“困った”だけではなく、災害に対しても、人々の大きな助けとなる。

◆地震が怖いけど地震保険は高すぎて…。困った!

 日本では地震への備えは不可欠だが、地震保険はハードルが高い人も。

「一般的な地震保険は、火災保険とセットでしか加入できず、しかも補償は火災保険の半額まで」(ファイナンシャルプランナーの畠中雅子さん・以下同)

 たとえば3000万円の火災保険に地震保険を付ければ、最高1500万円の補償も可能だが、その保険料は、年間数万~十数万円と高額に。

「そのため、火災保険なしで入れて地震保険に上乗せできるミニ保険の地震補償保険が注目されています」

『地震補償保険リスタ』(SBIリスタ少額短期保険)

【内容】
 正式名称は、『地震被災からの再スタート費用保険』。火災保険に関係なく単独で入れる。同社試算(内閣府の平成20年度・被災者再建支援調査もとに試算)では、地震で自宅が被災すると、平均約269.5万円が補修費や仮住まい費用などにかかる。そのような自宅再建以外の生活再建費を補償。

【保険料】
 保険料は都道府県、建物構造、保険金額で異なり、木造住宅で全壊300万円補償の場合は、宮城県で年1万4840円(月1340円)、東京都で年1万9960円(月1810円)、静岡県で年3万4720円(月3140円)。地方自治体の罹災証明による被害認定(全壊・半壊など)に応じて支払額が決まる。

関連記事

トピックス