芸能

元NHK竹中知華アナ 「胸は自分の長所」と前向きに考える

子供の頃は牛乳は大好きだそう

 日本赤十字社が献血を呼びかけるために作成したポスターに、胸の大きな女性キャラクターが描かれていたことで、「環境型セクハラ」と批判が出るなどの騒動となったが、実際に女性の立場で胸が大きいということは、どのような意味を持つのだろうか。ラジオ沖縄の竹中知華アナは、かつて地方局アナ時代、自分の胸が大きいことで様々な苦労があったという。竹中アナが、当時の苦労と現在の心境を語る。

 * * *
 高校生の頃からすでにFカップはありました。大学生の頃には現在のHカップになっていましたが、実はそれまで周囲から巨乳だと言われたこともなく、自分が巨乳だという自覚はありませんでした。

 それが一変したのが、NHK沖縄に入社してからです。朝のニュースを読むようになり、視聴者様からいただく“今週の苦情”という投稿の中で「胸にしか目がいかない」「内容が耳に入らない」というご意見が入るようになったのです。自分がそんな目で見られていたとは思いもしていなかったですし、女子アナは清廉性が求められる仕事という意識もあり、プレッシャーでした。

 特に悩んだのは衣装で、胸が目立たないものを選ぶのに必死でした。ブラウスならゆとりのあるデザイン、ニットは伸び縮みしすぎない素材を試行錯誤しながら選んでいました。

 当時は男性の上司でしたが、「今日の服はアリだね」とか「もう少しこんな服を選んだ方がいいかもね」と、すごく気を遣ってくださいました。ありがたい気持ちと共に、私はアナウンサーに向いていないかも、と自分を責めていました。

 その後、7年間キャスターを続けましたが、そろそろ自分を解放して仕事がしたいと思い立ちフリーに転身しました。そこでまず思い浮かんだのが、自費出版で写真集を出すことでした。会社員時代は私の胸の話題は社内でもタブー扱い。自分の中にも「胸が大きい=悪い」という思い込みがあるのを打破したくて、あえて胸を強調する衣装も用意して挑みました。

関連記事

トピックス

今後の作品にも期待が高まる(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さまの溢れる文才 小学校の卒業文集と中学1年で書かれた短編小説を全文掲載
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)
街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる
NEWSポストセブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン