• TOP
  • 国内
  • 校則全廃校長、荒れた学校で「怒鳴る教員」をどう変えたか

国内

2019.11.18 16:00  女性セブン

校則全廃校長、荒れた学校で「怒鳴る教員」をどう変えたか

理科の授業では、グループに分かれて考えた心臓の構図をプログラミングし、3Dプリンターで印刷。心臓の模型を作って、2心房2心室の構造を学ぶ最先端の授業が行われている

「授業も同じです。教員には、“なぜ生徒が自分の授業を聞かないのか”、それは自分の教え方に問題があるのではないかと考えてほしい。同時に生徒には、叱られるから騒いではいけないのではなく、どうして騒いではいけないのか、自分で考えてほしいのです」

 西郷さんが校長に就任した当時の新入生が卒業する頃には、学校を落ち着いた雰囲気が包むようになっていた。

 この朝礼の見直しを契機に、理不尽で意味のない校則の一つひとつを見直し、2016年、ついには全廃した。

撮影/浅野剛

※女性セブン2019年11月28日号

関連記事

トピックス