国際情報

韓国国会議長、上皇に謝罪の意も韓国内では否定の「二枚舌」

文政権下で反日は加速(EPA=時事)

「天皇は戦争犯罪の主犯の息子ではないか」──。今年2月に米メディアで報じられた韓国国会議長・文喜相(ムンヒサン)氏の発言は、多くの日本人の怒りを招いた。その後、文議長は「お詫びの気持ち」を表明したものの、発言の撤回はしなかった。

 そうしたなか、11月4日に東京で開かれたG20国会議長会議の直前、主催者である山東昭子・参院議長が改めて文議長に発言への謝罪と撤回を求めると、韓国側の動きに変化が生じた。来日した文議長が「上皇陛下へ謝罪の手紙を出した」ことを、日韓議員連盟の河村建夫幹事長が明かしたのだ。

 ところが、である。文議長は5日夜、早稲田大学での講演で、発言について「日本の方々の心を傷つけてしまった」と謝罪しながらも、“詫び状”については「全く事実ではない」と韓国メディアに否定のコメントを出した。

 11月7日付の『韓国日報』は、文氏の言い分として「明仁上皇と徳仁天皇の即位にそれぞれ『ご苦労さまでした』、『おめでとう』という内容の手紙を送ったことはあるが、儀礼的な内容だっただけ。謝罪する内容は含まれていなかった」と報じた。

 説明が食い違うことについて、産経新聞ソウル駐在客員論説委員の黒田勝弘氏はこう話す。

「謝罪の手紙を出したかの真偽は定かではないが、少なくとも韓国内で“日本に対し弱腰である”と見なされれば政治生命にかかわる。そのため国内外で態度を使い分けることもあるし、文議長も“詫び状は出していない”と国内向けにアピールする必要があったのでしょう」

 ちなみに文議長は「戦犯の息子」発言について当初、「そのような表現はしていない」と否定したが、インタビューを行なった米・ブルームバーグ通信社が音声データを公開。ウソが発覚した過去がある。

※週刊ポスト2019年11月29日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
なぜここまで打てなくなってしまったのか…(時事通信フォト)
巨人・小林誠司、6月の打率0割… 慢性的な打撃不振は「指導者に責任の一端」の指摘
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
分裂抗争が最終局面に(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
「民間人の店も襲撃」 最終局面に突入した分裂抗争で六代目山口組が見せた意志
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子 “破壊力抜群”水着ショット公開はレギュラー番組激減への反転攻勢か
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン