芸能

沢尻エリカ、逮捕前夜のVIPルームで回ってきた謎の液体

沢尻エリカの親友が彼女をハメた“黒幕”の存在を語る(時事通信フォト)

 世間を騒がせた沢尻エリカ容疑者(33才)の逮捕から2週間以上が経ち、状況が大きく変化している。

「沢尻は、尿鑑定ではシロ。つまり、“使用した”という証拠はなく、所持容疑のみ。加えて、自宅に所持していたMDMAについて、本人は“カレから預かった”と主張していますから、使用目的での所持には問えないかもしれない。しかも、弁護団は数々の難しい裁判を担当し、“無罪請負人”として知られる最強弁護士がついた。

 彼女を逮捕した警視庁組織犯罪対策部第5課が、当初目論んでいたほどの“成果”を挙げられない可能性も出てきました」(全国紙社会部記者)

 沢尻は取り調べに対し、「10年以上前から薬物を使用していた」などと供述していると報じられている。しかし、実際に使用を裏付ける“証拠”が出なければ、起訴されたとしても裁判では一転して否認に回る可能性すらある。つまり、無罪になる余地すら囁かれているのだ。

「来年1月から始まるNHK大河ドラマ『麒麟がくる』に出演が決まっていた沢尻は、一部では心を入れ替えたという話もあった。尿検査で出なかったのは、そういうことでしょう。だから“なぜこのタイミングで逮捕なの?”という疑問が残ります。しかし、情報だけはやたらと回っているんです。この逮捕をきっかけに、沢尻のクラブ友達が逮捕されるのではないかと」(芸能関係者)

 *
 実際、沢尻の逮捕から10日後の11月26日、彼女と深い関係にあるファッションデザイナーのNAOKIこと、横川直樹容疑者(38才)が沢尻と共同でMDMAを所持していたとして麻薬取締法違反の疑いで逮捕された。

 横川は、沢尻と2011年頃から8年間にわたり交際していた人物。逮捕時点では別れていたという話と復縁したという情報があるが、沢尻が“カレから預かった”と主張する“カレ”が横川であるといわれている。横川は沢尻が逮捕直前に訪れていた東京・渋谷のクラブ『W』で、彼女と同席していた。

 今、この横川を含め、あの日、『W』にいたであろう沢尻の友人たちに疑惑の目が向けられている。

「特に注目されているのがネット上で流布されている一枚の写真。沢尻を含む4人の女性が写っているものです。あの日、『W』で横川容疑者と共にイベントを主催したイベントプロデューサーのAさん。そして美容外科医の女性と、元俳優Bさんの妻でファッションデザイナーのCさん。

 ネットの掲示板に、“ジャンキー(麻薬中毒者)”などと書かれているとか。彼女たちは芸能界にパイプがあるとされ、このうち誰かが逮捕されると、芋づる式に芸能人の薬物使用も明らかになるのではないかという声もあります。

 Aさんの夫はDJで、あの夜『W』にもいました。Aさん夫妻には11月末に逮捕情報が流れ、一時、自宅近くにマスコミが集まっていたそうです」(前出・芸能関係者)

 次は“沢尻人脈”の誰が逮捕されるのか──インターネット上だけでなく、メディアも右往左往している状況なのだ。

関連記事

トピックス

綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
フィリピンのマニラ首都圏にあるビクタン収容所(AFP=時事)
【ルフィ強盗事件】賄賂が横行するフィリピン 入管も警察も金次第でどうにでもなる実態
NEWSポストセブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
中居
完全復帰の中居正広が支持される理由 素晴らしい人柄とプロデュース力
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン