スポーツ

羽生結弦、悪口ツイートしてきた炎上高校生を気遣う神対応

氷上の王は誹謗中傷対応も一流(写真/アフロ)

 3年ぶりのGPファイナル制覇へ、羽生結弦選手(24才)は闘志に燃えている。フィギュアスケート関係者はこう語る。

「羽生選手の最大のライバル、アメリカ代表のネイサン・チェン選手(20才)とベストな状況で競いたいという気持ちが大きくなっているのです。

 羽生選手がけがで欠場となった昨シーズン、その前のシーズンとグランプリファイナル(以下GPファイナル)を2連覇しているのが、ネイサン選手。しかも今年3月の世界選手権で羽生選手はネイサン選手に敗れました。以降“いつもネイサンの幻影がちらつく”というほど意識していました。羽生選手としては今回こそ圧勝し、自分が絶対王者であることを証明しようと意気込んでいます」

 決戦の日まで、一瞬たりとも気を緩めたくないが、彼の周辺では、集中に水を差すような出来事が相次いだ。

 NHK杯前の11月13日、あるツイッターが炎上した。《僕もフィギュアスケーター》という人物が《羽生くん、ちょー性格悪いですよ》などと羽生選手の悪口を書き込んだのだ。

 ツイートは瞬く間に拡散。その後、投稿主は特定されたのだが、なんと岡山県スケート連盟に所属する高校3年生のA選手だった。彼はネットユーザーからバッシングを受け、岡山県スケート連盟共々、謝罪する事態に。

「このツイートに羽生ファンたちは激怒し、大騒動になりました。投稿主に誹謗中傷のツイートを送り返すファンもいる一方で、“これをきっかけにスケートをやめないで”という応援のツイートも散見されました」(別のフィギュアスケート関係者)

 炎上ツイートを投稿したA選手とはどんな人物なのか。

「彼は、西日本ジュニアでもなかなか結果を残せておらず、全日本への出場経験はありません。つまり、彼は羽生選手と一緒に練習したことは一度もないはず。なのになぜ、こんなことを書いたのか。A選手はすでに某有名大学へのスポーツ推薦が決まっているという情報もありますが、この事件がどう影響するのか…」(前出・フィギュアスケート関係者)

 羽生選手は、別の話題でもファンのツイッターをにぎわせた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
小倉優子が勉強
小倉優子、密着番組リニューアルでも猛勉強継続 早稲田大学以外も受験予定
女性セブン
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン