• TOP
  • 国内
  • 「安倍首相にノーベル賞を」トランプ大統領への接待力を評価

国内

2019.12.14 07:00  週刊ポスト

「安倍首相にノーベル賞を」トランプ大統領への接待力を評価

元外交官で作家の天木直人氏(写真/共同通信社)

 憲政史上最長在任期間となった安倍晋三首相。褒められると喜ぶが、厳しい批判には「オレは何も悪くない」と耳を塞いで聞こうとしない。

 ならば、褒めて褒めて褒めちぎろうではないか。そうすれば、褒められることが大好きな安倍首相にも、国民の本当の声、怒りや不満が届きくかもしれない。そこで、元外交官の天木直人氏に安倍首相を褒めてもらった。

 * * *
 安倍首相は各国首脳の中でも、トランプ大統領の一番のお気に入りになった。トランプは安倍首相の言うことなら何でも聞くようだ。これは歴代の日本の首相の中でも誰も真似のできない偉業です。

 そうであれば、安倍首相はこの際、徹底的にゴマをする、いや接待を展開して、日本から米軍基地をなくしてもらいたい。トランプ大統領にこう提案してはどうだろうか。

「辺野古に新しい米軍基地をつくるのを止めて、その代わりに世界一のゴルフ場を2人で作ろうではないか。土地は沖縄が提供するのでトランプ大統領からジャック・ニクラスに頼んで最後の名コースを設計してもらいたい。お金は習近平主席に出してもらおう。沖縄を一帯一路の東の終点にするからその資金を寄付してくれと。

 トランプさんが言えば習近平は間違いなく乗ってくる。賞金額も巨額にして世界一のトーナメントを創設しよう。もちろん優勝賞金も習近平に出してもらう。そのゴルフ場は世界の観光地になるだろうから、あなたの出る番だ。トランプタワーを沖縄につくるのだ。軍事にお金を使うよりビジネスに投資するほうがはるかに魅力的だというのがトランプさんの持論でしょう。そして、2人でノーベル平和賞をもらおう」と。

 安倍首相がそう口説くことができれば、歴代総理ができなかった「日本から平和的に米軍基地をなくした首相」として歴史に名を残すことができる。

※週刊ポスト2019年12月20・27日号

山口県の総理大臣展では等身大パネルも立つ

関連記事

トピックス