スポーツ

モデル体型の女子プロゴルファーのドライバーはなぜ飛ぶのか

新世代の飛ばし屋の松田鈴英はなぜ飛ばせるのか(写真/Getty Images)

 鈴木愛(25)が賞金女王に輝いた今年の女子ゴルフ。渋野日向子(21)はドローボールと強気のパット、攻撃的なゴルフでツアーを盛り上げた。今年の女子ゴルフ界は渋野、鈴木以外にも、“黄金世代”を中心に個性豊かな才能が花開いた1年だった。

 今季のドラコン女王は穴井詩(32)だが、3位の松田鈴英(21)、4位の原英莉花(20)ら細身ながら平均飛距離が250ヤードを超える「新世代の飛ばし屋」が存在感を見せた。

 今季初勝利をあげた原はジャンボ尾崎の愛弟子だ。173cmの長身を活かした豪快なスイングが魅力だが、フェアウェーキープ率を加味した「トータルドライビング」でも日本人トップ(全体3位)と、正確さを兼ね備える。“モデル体型”の彼女たちのドライバーは、なぜそんなに飛ぶのか。クラブデザイナーの松尾好員氏が解説する。

「彼女たちのヘッドスピードはアマチュアの男性ゴルファーとほとんど変わりません。それなのに飛ばせるのは、圧倒的にミート率がいいから。ヘッドの芯でボールを捉えられているので、飛距離が出る上に、弾道は真っ直ぐでフェアウェーを外さない。

 ただ、女子プロのツアーの時は、ゴルフ場がフェアウェーの芝を普段の半分くらいの高さまで刈り込んでいるので、それだけで10ヤードは飛距離が変わる。数字だけを自分と比べて悲観する必要はありません」

“女子プロに飛距離で負けたくない”と力んで振っても、ミート率が下がって悲惨な結果になるだけなのだ。

関連記事

トピックス

元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
伊勢ヶ濱部屋に転籍した元白鵬の宮城野親方
元・白鵬の宮城野部屋を伊勢ヶ濱部屋が“吸収”で何が起きる? 二子山部屋の元おかみ・藤田紀子さんが語る「ちゃんこ」「力士が寝る場所」の意外な変化
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン