ライフ

ED治療の最前線 再生医療を取り入れ衰えた細胞の復活も

ED克服の研究はここまで進んでいる

 年齢を重ねた男性の悩みに寄り添うための「ED治療」を巡る研究は、日進月歩の世界だ。広く世界に目を向ければ、画期的な新治療の研究がいくつも進んでいる。そのひとつが、最先端の再生医療を取り入れた「幹細胞治療」だ。医療経済ジャーナリストの室井一辰氏が解説する。

「骨髄などから採取した幹細胞をペニスに注射することで、老化により衰えてしまったペニスの細胞を復活させる方法です。米国では実用化に向けた臨床試験の最中で、2019年10月には、61人に幹細胞移植を行なった結果、副作用もなく勃起力の回復がみられたことが発表されています」

 もうひとつ、研究が進んでいるのが「低出力衝撃波治療」だ。

「ペニスに直接、衝撃波を与えることで、新しい血管を生み出し、血流を改善する方法です。実験によって有効性が示されたことが、2019年12月11日発行の医学専門誌に発表されました」(室井氏)

 実験は、60人のED患者をランダムに「治療群」と「プラセボ群」に分けて行なわれた。

「実際に低出力衝撃波治療を行なった患者」と、「治療を受けたと思い込んでいるだけの患者」に分けて、思い込みによらない“実質的な効果”を検証したわけだ。

 治療期間についても、4週間(短期間)と12週間(長期間)の2通りを比較検証したという。

「その結果、治療群では有意な改善が見られました。国際勃起機能スコア(IIEF5)基準では、持続時間やセックスの満足度などの“勃起の質”が改善。勃起硬度スコア(EHS)も改善しました。長期間治療を受けた患者により大きな改善がみられ、とりわけ“患者とパートナーの主観的な満足度”のスコアが高くなっていました」(室井氏)

※週刊ポスト2020年1月3・10日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
芸能界にもギャラ飲みを活発に行う女子たちがいるという(写真はイメージ/AFLO)
国民的アイドルOBやグラドルも参加 国税が「ギャラ飲みにメス」で震える芸能人たち
NEWSポストセブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
学生時代の三浦容疑者(SNS「mixi」より)
寝た園児に「ご臨終です」虐待逮捕の元保育士 SNSには「ちびたちが大好きなやつです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
なぜ選手個人のアカウントに批判コメントを投稿するのか(写真前列左から2人目が吉田選手。Getty Images)
森保一監督、選手に求めた自己犠牲の精神 主張の強い海外組をまとめた「交際術」
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン