ライフ

田村智子議員、弘中弁護士ほかが選ぶ「2019年の3冊」

各業界の著名人が薦める3冊は?

 2019年にはどんな一冊を読みましたか? 各界の著名人がセレクトする2019年の3冊を紹介します。

◆弘中惇一郎さん(弁護士)が選ぶ2019年の3冊

『とめどなく囁く』桐野夏生(幻冬舎)

 海釣りに出たまま消えて失踪宣告となった男を巡る推理小説であるが、登場人物が個性的であるとともに、そのドロドロした人間関係の絡み合いが鮮やかであり、海に面した豪邸や釣り堀のあるひなびた旅館など、背景も印象的。

『孤独の発明 または言語の政治学』三浦雅士(講談社)
『空海の風景』(上下巻)司馬遼太郎(中公文庫)

◆田村智子さん(参議院議員、日本共産党副委員長)が選ぶ2019年の3冊

『にじいろガーデン』小川糸(集英社文庫)

 同性愛の家族のカラフルでパワフルな日々は、切ないスパイスも効いていて、読み終えたら、夫と手をつないで歩いてみたくなるのです。この人と結婚して、家族になれて良かったと、最期の別れの時にもそう思える家族になりたいと。

『水曜日の凱歌』乃南アサ(新潮社)
『サブマリン』伊坂幸太郎(講談社)

◆宮口幸治さん(立命館大学産業社会学部教授)が選ぶ2019年の3冊

『「ない仕事」の作り方』みうらじゅん(文藝春秋)

 マイナスを逆転する方法。目から鱗の発想ばかりだ。ネーミングすることで誰も買わないものを価値あるものに変える。まさに言葉の錬金術。「マイブーム」「ゆるキャラ」などの新語を生み出したセンスに触れることができる。

『世界でいちばん美しい城、荘厳なる教会 世界の写真家たちによる美の記録』MdN編集部(エムディエヌコーポレーション)
『甲野善紀と甲野陽紀の不思議なほど日常生活が楽になる身体の使い方』甲野善紀、甲野 陽紀(山と溪谷社)

◆佐久間文子さん(文芸ジャーナリスト)が選ぶ2019年の3冊

『聖なるズー』濱野ちひろ(集英社)

 動物性愛者(ズーフィリア)の本と聞けば怖気づく人もいるだろう。私もそうだったが、ドイツの「ズー」(というのが彼らの自称)たちへの著者の取材は誠実そのもので、セックスや、他者と生きることの意味を深く考えさせる。先入観を覆す傑作ノンフィクション。

『オーバーストーリー』リチャード・パワーズ 訳・木原善彦(新潮社)
『ひみつのしつもん』岸本佐知子(筑摩書房)

◆温水ゆかりさん(ライター)が選ぶ2019年の3冊

『女たちのテロル』ブレイディみかこ(岩波書店)

 約1世紀前の女反逆児3人を、国境を越えた星座にする評伝エッセイ。アイルランド独立運動に馳せ参じた女教師(実は凄腕スナイパー)、命知らずの女性参政権活動家、半島出身の恋人と不逞社を営んだ不逞な金子文子。胸のすく記述でいっき読み。

『熱源』川越宗一(文藝春秋)
『国語教師』ユーディト・W・タシュラー 訳・浅井晶子(集英社)

イラスト/佐々木千絵

※女性セブン2020年1月2・9日号

関連記事

トピックス

日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
《ススキノ頭部切断》瑠奈被告(30)の友人が語る「“るーちゃん”が激高した夜」
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
『THE BET』でMCを務める池田美優と麒麟・川島明(番組公式サイトより)
《相次いで放送》ついに幼稚園でも開催、“かくれんぼ”番組はなぜ支持を集めるのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
超絶進化を遂げている「コンビニコスメ」撮影/玉井幹郎
超絶進化を遂げる「コンビニコスメ」 美の賢者たちが語るその“魅力”と、カテゴリー別の“ベストバイアイテム”
女性セブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
真矢ミキ、映画『九十歳。何がめでたい』で草笛光子の娘役を演じる「光子さんの輝かしい奇跡の瞬間を目の前で見たんだと思います」
真矢ミキ、映画『九十歳。何がめでたい』で草笛光子の娘役を演じる「光子さんの輝かしい奇跡の瞬間を目の前で見たんだと思います」
女性セブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
東京都知事選挙が告示され、選挙ポスターが張られた掲示板。過去最多の56人が立候補した(時事通信フォト)
《「ほぼ裸」ポスターや立候補しない女性格闘家も》都知事選の選挙ポスター問題 「おそろしい時代」「恥ずかしい」と嘆く大人に「あたおか」と笑う小学生たち
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン