• TOP
  • 国内
  • 桜えびが記録的不漁、南海トラフは起きかけているとの指摘

国内

2019.12.31 07:00  女性セブン

桜えびが記録的不漁、南海トラフは起きかけているとの指摘

阪神・淡路大震災では橋脚が折れた(共同通信社)

「2011年の東日本大震災でプレート間の摩擦が減り、太平洋プレートの先端が北米プレートの下に沈み込む速度が速くなりすぎて、太平洋プレートが引きちぎれてしまうとアウターライズ地震が発生します。

 ここ最近、茨城県北部や栃木県北部などで相次ぐ震源の浅い地震は、アウターライズ地震の予兆とみることができます。実際にインドネシアでは2004年にM9.1のスマトラ島沖地震が発生し、その8年後の2012年にM8.6のアウターライズ地震が発生しました。東日本大震災から8~9年となる現在、いつアウターライズ地震が起きてもおかしくありません」

 さらに注意すべきは、「地震の連鎖」が起きるのは国内に限らないということだ。

 2011年2月にニュージーランドでM6.1の大地震が起きると、その約20日後に東日本大震災が発生し、2016年2月に同じくニュージーランドでM5・8の地震が起きると、その2か月後にM7.2の熊本地震が発生した。

 2019年6月にはニュージーランド付近でM7.4の地震が発生しており、どうしても気になってしまう。

「地球の表面は15~16枚のプレートで覆われていて、どれか1つが動くと、短期間で連鎖的に動く可能性があります。しかも日本とニュージーランドは同じ太平洋プレートの影響を受けるので、両国の地震の連鎖には注意すべきです。

 そもそも日本の首都圏は、太平洋プレート、フィリピン海プレート、北米プレートの3枚が重なり合う世界随一の危険地帯であり、どれか1つでもひずみで割れたら、地震が発生します。日本人はいついかなる時も、地震を警戒すべきなのです」(高橋さん)

※女性セブン2020年1月2・9日号

トピックス